PAと他職種の関係

PAと医師との関係について

(メールからの抜粋なので、「添付参照」と書いてあるのはこのためです。その「添付」の書類に興味のある方は、メールをください。)



PAは全員が医師の助手ですから、全員が医師の監視下で働きます。

しかし「監視下」の意味も大きく取られていて、外来では、NP, 医師、PAと全く並行して患者さんを診ています。医師がいなくても診られるのです。

ベテランのPAの人は(NPもですが)医師と同じように複雑な患者を診ますし、新卒のPAがかぜや簡単なアレルギーなどを診るのも新卒のNPと同じです。処方もNPと同じように、医師が見ていなくてもできます。
ただし、医師はPAのカルテにCOSIGNをしなければいけないので、一日の終わりにカルテをどかっとPAが医師の机において、医師がすばやくサインしていくのもよく診る光景です。

PAはご存知のように病院内で多く働いていて、NPと同じように医師とチームを組んでやっています。NPと違って、PAは手術のアシストもできます。

PAと医師との意見が食い違った時、医師の意見が通ります。PAは開業はできません。

要するに、手術のアシスト以外、医師との関係という点から見るとちょうど医師の「監視下」で診療できるNPは似ているといえるでしょう。

実際にどういうことができるか?ということに関しては、例えばコネチカット州では曖昧で規定がなく、「医師の監視下で、医師ができると判断したものなら」だそうです。そのおかげで、PAが色々なことを任されて、能力を証明し、曖昧さのおかげでPAの仕事の幅が広がったとか。しかし、カリフォルニア州などでは細かくできることとできないことが決まっており、PAのできること、また、患者の病状によっての振り分けなどに関しては西田先生がとてもわかりやすい記事を書いています(添付参照)。ぜひそちらを見てください。


チーム医療維新トップページ

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.