電子ブックリーダー、日本にも近く進出

とうとう、電子本を読む機械である、アマゾンのKindleを買うことに決めた。と言っても、一番シンプルなモデルはたった79ドルと、迷うほどの値段でもないのだけれど。紙の本が大好きで、図書館が大好きで、本本本活字本本が大好きだった(今でも好きですが)私には、本を読むのに電子器具を使うという、心理的抵抗が非常に大きかったのだ。しかも、これらの電子器具は、コンゴなどで内戦を起こしている原因である、rare metalなどを使用されて、生産されているでしょう?だから、紙の本で足りると、それで来たのに。それなのに、kindleを買う理由とは。

最近、英語の本ばかり読むようになってきた。日本語の本も大好きだけど、ニューヨークのBook Offは(あるんです)、私にとって結構行きにくい場所にある。

だからつい、Amazonで狙いの(妊娠、子育て、ライフコーチング関係の)本を買うか、仕事場の近くの図書館(小説など)に行くので、英語の本に偏ってしまう。本当は、日本語を読まないと日本語のエッセイが書けなくなるから、読まないといけないのだけれど。

さて、英語の本を読むようになって、気がついてみると、。。。重い。本が、日本の単行本と比べ物にならないくらい重い。漢字がなくてアルファベットだから、本自体が長いというのもあるけど、紙の質が日本のみたいに素敵に薄くて軽いのが存在していない。電車通勤の50分はぜひ本を読みたいけど、重いのは困る。Kindleは、アメリカの単行本より軽いのだ。しかも、これから子供が産まれたら持ち物が増え、ますます軽さということが重要になってくるであろう。しかも、色々な人に、「産休中は、授乳中とか退屈だから、本をたくさん読むようになるよ」と言われ、「本をめくる音が妙に効果的に赤ちゃんを起こしてしまうので、Kindleを買った」という友達までいた。だとしたら、ニューヨークの冬の中、図書館に行かなくて済む、アマゾンから本が届くのを待たなくて済む、ダウンロードしてすぐ読める電子図書が、一番便利じゃないのかな。
しかも、 環境コンサル(サステイナビリティーのコンサルタント)のダンナが、「紙の本を生産し、移動させるガソリンのエネルギーを考えたら、電子図書は電気を少量使うけれど、相対的エネルギーとしては下だ」なーんて言うもので。同僚のドクターが、「Kindleを買ってから飛躍的にたくさん小説を読むようになった」と言って、強く勧めてくるし。

人気が出ているのはいえ、電車の中では、まだ紙の本を読んでいる人の方が、多いかな。
ちなみに、電子本をダウンロードする値段は、紙で買うよりも数パーセントから数割安め。ただし、中古本が存在していないので、そういうお得な買い方はない。ただし、最近は、図書館も電子図書を貸し出している。

日本では、大手の出版会社がKindleを阻止しようとしていると聞いた。それでも、小さな出版社といくつか契約したので、近く発売すると、今年6月に宣言されたとか。日本の本はアメリカと比べて薄くて軽いけれど、通勤に電車を使う人数がアメリカの比じゃないし、識字率が高いから、読書人口が多い。売れる。。。かな?今、記事をちょっと検索してみたら、いっぱい出てきました。
これとか。

ちなみに、アメリカでの様子を見ていると、インターネットや電子図書の発展で一番焦るべきなのは出版会社じゃなくて、本屋だと思う。アメリカ全国において、新刊を売る本屋という本屋は知る限り倒産して、マンハッタンにも数件しか残ってない。本屋を見かけるとびっくりするほど。古本屋はあるけれど。

で、さっきふと思いついたんだけど、もし、日本語の本が私のkindleからダウンロードして読めるようになるとしたら。。。素晴らしい!海外に住む日本人にとって、すごく便利になるね。でも、多分日本で買ったKindleじゃないと、フォントが出せないとは思うけど。

Comments

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.