「あなたは日本で汗を流しながら看護婦と一緒に働く気はあるのか?」

下のようなコメントを、匿名でいただきました。同じように考えている人もいるかもしれないので、この場を借りて、簡単に返事させていただきます。

> あなたの記事に疑問に思う事。
>
> あなたはそもそも看護婦として働いた事はあるのか?看護婦のキャリアをのばすだの云々いって、看護婦を自分より下に見下している発言が気になる。たまたまNPの教育をうけたからといって、看護婦を代弁する発言をしているのはおかしくないか?
>
>  あなたはすでにNPとして働ける環境が整った場所から、日本の看護婦はどうあるべきかだとこうだと口出ししている。そんなにアメリカは日本よりすぐれているのか?自分は守られた場所にありながら、他人のやり方にどうこう口出しするとは卑怯である。あなたは日本で汗を流しながら看護婦と一緒に働く気はあるのか?

なるほど、良い質問ですね。

私は親の転勤のせいでアメリカで育ち、看護学校どころか、小学校の一部と高校と大学を、アメリカの教育を受けたものです。(小学校の半分と中学は日本。)日本で看護師として働けないか、聞いてみたこともあるのですが、「日本で看護師として働きたいなら、日本の看護学校に行き直して国家資格を取ってください」と言われました。だから、免許がない私は、「日本で汗を流して」一緒に働けないんですよね。実は。

現在は、アメリカで汗を流してNPとして働いています。
決して容易い仕事ではありませんが、良き同僚と、ラテン系の患者さんに囲まれ(ニカラグアとグアテマラに住んでボランティアとして働いていたこともあるため、そこにハートの一部を置いてきました)、頑張りがいのある職場だと思っています。

また、女性としては、アメリカの方がキャリアと家族を両立しやすいように思っています(最近書いたように、それも簡単なことではありませんが)。

そんなこんなで、日本語のできない相手と結婚もしてこちらに落ち着いているし、両親も今現在はアメリカにいるし、そのために、近い将来に私が日本で看護師として働くことは、多分ないでしょう。

「卑怯」ってなんでしょう。ソマリアの飢饉にあえぐ人々がいるのに、私が朝ご飯を食べていることは卑怯でしょうか?ニカラグアの私の友人たちが、子供の学費を払えずに苦しんでいるのに、私が最後にニカラグアを訪ねたのが3年前で、ニカラグアの友人たちのことを毎日必ず考えるわけではないのは、卑怯でしょうか?親の転勤で来たくもないアメリカに連れられて来て、しょうがないや、とがむしゃらに勉強して、キャリアを持ち、依頼に応じてアメリカの制度を日本語で紹介しているのは、卑怯でしょうか?

確かに、看護師経験が少なく、主にNPとして働いてきた私が、看護師の気持ちを代弁するのはおかしいですよね。でも、私は看護師の気持ちを代弁しているつもりはありません。私は看護師であり、NPであり、私の気持ちや、私が見つけたデータを、「海外のNPの意見が聞かせてください」という日本の依頼に応じて、私なりに紹介しているだけです。 あくまで「アメリカでは___となっています」という例を提示したり、記事を紹介したりしています。日本の医療システムに関しては、素人ですし、それは講演で繰り返し言っていることです。

それに、どうやったら誤解されたのかよく分かりませんが、看護婦を見下している気持ちなんて全くありません。特に、日本の看護師さんの働きぶり&心のこもったケアの仕方には、アメリカと比べていつも感心しています。(個人的に、おじいちゃんが大変お世話になりました。)

「アメリカのシステムが悪いところもいっぱいあります、そのまま真似しないでください!日本の現状のいい部分を伸ばす形にしてください。日本は、アメリカに真似できない良いところがあります」というのが、今まで講演の中で繰り返し、繰り返し、述べてきたのですが。。。なんだが、その部分は、受け取っていただけていないような感触は、いつも、あって、もどかしいです。

最後になりますが、「看護婦」と書いているのは医療関係者でないからだとは思いますが、「看護」がこの専門職に対する正しい呼称です。日本で働いている看護師の方々に対して失礼なので、正しい名称を使ってくださいね。

家を出なきゃいけないので、取り急ぎ、お返事まで。

Comments

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Re: いつも応援しています。

Jさん、素敵なコメントをありがとうございます。
メールアドレスをつけていただいたので、直接メールでお返事しますね。

> こんにちは。初めてのコメントです。
> 私が看護大学に入学した2年ほど前から、さやかさんの様々なサイトを読んできました。例えばメディカルオンラインや、ここのサイトや・・・
> 私は看護学生ではありますが、日本の看護界にもNPのような職種が必要という意見に賛成しています。看護師の全体の数を増やすことを前提として、職務の範囲を広げるのは、現在の日本の医療界に適切な政策だと思っています。

Re: No title

Kさん、とても暖かいコメントをどうもありがとうございます。「出る杭は打たれる」のことわざを小学生の時に知って、ものすごく疑問を持ちました。。。本来の意味は「才能の抜きん出た人」は叩かれる、の意味でしょうが、小学生の私は、才能の有無に関わらず、大声で何かを言う人、意見を明確にする人は叩かれるのだなあ、と理解して、愕然としたのを覚えています。それじゃあ、人類が進歩(大げさですが!)できないですよね。
いつか同窓会で会えるといいですね。今後もよろしくお願いします。

> こんにちは。中学で同窓のKです。
> (誰か分からないかもしれませんが・・・)
>
> ほとんど交流はなかったけれど、
> 陰ながら緒方さんを誇りに思い、応援しています。
>
> 私ですら、目にするところまで記事や名前が知られているので
> これからも、ほんとうに些末で身勝手な個人的感情を
> ぶつける人が出てくるかもしれません。
>
> どうか、そのような人たちによって、
> 緒方さんの優れた知性や情緒が冒されることのないよう、
> と願う、ただの主婦がここに1人いることだけお伝えしておきます。
>
> 緒方さんのことなので、今回のような話は
> 蚊を振り払う程度にしか感じていないかもしれませんが…
>
> どうぞ、ご自愛くださいね。

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

はっきり言って

そんなゴミみたいなコメントは相手にするだけ時間の無駄だとおもいます。
実際、アメリカの看護教育のほうが日本のそれを上回ってるのは事実。
分かっていながらそれを認めたくないから、レベルの低いコメントしか残せないのでは?
日米両方の教育•経験があるならまだしも、そうでないからただの僻みとしかとれません。
周りを見る目と柔軟な心を持てないって、気の毒ですね。
もし、そのコメントを残した人が看護師だとしたら、見て欲しくないなぁ笑

No title

上記のコメントを読みながらさまざまな思いが浮かびました。

私は、日本で看護教育を受け、日本で7年ほど病棟勤務を経験し、日本で管理職にならず、看護師としてキャリアを積み上げていくことの限界を感じ、アメリカのRNライセンスをとり1年ほどアメリカの病棟で勤務を経験したところです。

「出る杭は打たれる」と、母親から言われながら、30年以上日本で育ってきた私が初めて、このことわざに疑問を持ったのは、アメリカでRNとして働きだしたときのことでした。

同僚と、このことわざについて話したとき、同僚が目を丸くして、「はあ!!何言ってるの?アメリカは真逆よ!」って声を大にして言ったのを思い出しました。アメリカでの職場で、「アメリカの看護を学びたいと思ってアメリカに来た。」と言ったら、同僚が皆、少しでも私に学びの機会をと、この技術はやったことある?これ今からやるけど、見に来る?というように一生懸命サポートしてくれました。電話でドクターと話すのがとても苦手だとわかった際にも、同僚がドクターに、○○がコールした際には、ちゃんと聞いてあげるように、そして、電話番につけられ、一日ひたすら電話のトレーニングをしえくれたこともありました。とりとめもなくなりましたが、「学びたい」「キャリアアップしたい」という人には外国人であれきちんと機会が与えられ、周りが自然に手を差し伸べてくれるというすばらしい環境だと思います。どんな質問をしても、アメリカでは絶対に馬鹿にされない!むしろ、日本の方が、こんな質問して大丈夫かな?と気遣うことが多くあったように思います。

そうは言っても、アメリカで一年RNとして働いた後、日本の組織(臨床でない)で働いたときには、逆カルチャーショックを強く感じました。郷に入っては郷に従えというところでしょうか。

最後に「たまたまNPの教育を受けたからって」とありましたが、NP教育は到底受け身で修了できるものではないと思います。どれだけの、努力が必要か経験していないながらも想像ができます。さやかさん、今後もどうか益々のご活躍をされますように。また、このようなブログなどを通し、発信し続けて下さい。応援しています。

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.