内科&婦人科NPとして、おすすめのアメリカの医療ウェブサイト&教科書

前にも書いたと思いますが、改めて!
日本で働いている方も、アメリカで看護師/NP/医師の方も、参考になるのでは???

1. プライマリケア
- Uptodate.com. ご存知年間400ドル程度ですが使っていない医師/NPに会ったことがないほど、必至です、その価値もあります。
-fpnotebook.com 無料で、Uptodateより読みやすい箇条書きなので、おすすめです。時間がないとき、Uptodateにいい情報が載っていなかった時、実はこっちにわかりやすく書いてあった。。。ということ、多々あります
- CMDT 2012 (cureent medical diagnosis and treatment) 本ですが、長過ぎず、簡潔にまとまっています。例えば、数日前には、multiple sclerosisについて患者さんが来る前にさっとおさらいする必要があったのですが、Uptodatedよりこちらの方が全然良かったです。PAの同僚に勧められて最近買ったのですが、70ドル程度だったので、(1−2年古いのをアマゾンで買えばもっと安い)2012年度版と、2011年版、両方を買って、家とオフィスに置いています。
- Pri-med. 質はまあまあですが、無料でCBEが取れ、症例を考える練習になります。

2. 婦人科
- WHO Eligibility Criteria for Contraception. 無料でダウンロードできます。これは必須です。例えば、先週、28歳の、Chronic B型肝炎の患者さんがピルの処方のために来院されたのですが、電子カルテの自動チェックシステムでは、ピルを入れると肝臓病xピルということで「!」マークが大きく出てきて、処方しないことを促されました。WHO Eligibility Criteria でみると、肝硬変がない限り大丈夫だったので、自動カルテのwarningをOVERRIDEして、処方しました。
- DIckeyのピル処方の本http://www.amazon.com/Managing-Contraceptive-Patients-Richard-Dickey/dp/0917634314 ちょっと古いのですが、重宝しました。ただピルを処方するのでなくて、「この人は、生理前に頭痛がする患者さんなので、mircetteにしよう」「この患者さんは、以前ピルを飲んだら性欲が減退したので、androgenicなピルにしよう。でも、Yazは最近訴訟も増えて心配だし、loestrinあたりにしとくか」などと、副作用別に、その患者さんに最適なピルを選ぶ手助けをしてくれます。
- ASCCP http://www.asccp.org/ ご存知、Pap smearに関するありとあらゆることの権威。無料で、"Practice Management" (左上)のページより、色々なガイドライン/アルゴリズムが読めます。もちろん、まとめをUptodateで読んで、済んでしまうことが多いのですが。


*****
ちなみに、今週の金曜日は全米日本人NP/CNS/CNM/PA会のミニオフ会@ニューヨーク。でも、とてもミニ、な予感。近くにいるNP/CNS/CNM/PAの方、ぜひご参加ください(www.teamiryou.comのお問い合わせページから、メールをください)

緒方さやか

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.