最後の一個の段ボール箱を開けて。(引っ越しました)

いやはや。何度も、ブログを書きたいことがあったが、書かないまま一ヶ月経ってしまった。

実は、4月1日に引っ越しました。
元の家から徒歩5分なので、ご近所は大して変わらない(というかまったく同じ)のですが、駅に近くなり、部屋が広くなり、照射時間が増えました〜 猫は新しい場所をとても気に入ってる様子で、日だまりの中でごろごろしています。私とダンナも、新しい場所を気に入っているのですが、引っ越しが大変だった。。。

荷物を詰めている間、まともにお料理も家でも仕事もしにくいし、新しい家が、なぜか引っ越しの当日の朝に最後の室内のペンキを塗り終えていたので、あまりにくさくて家にいられない。ちょっと頭もくらくらして、シックハウスっぽい。というわけで、引っ越してから2週間は、スーツケースに荷物を詰めてマンハッタンの親のマンションの居間に居候。そうすると片付かない。だから窓を開け放しておいて、植物をいっぱい買って、やっと匂いが落ち着いたので帰ってきて、最後の段ボール箱を開けたのが数日前、なのだ。

しかも、新しい家は入り口のドアが狭く、なんと持っているソファーが入らなかった。ので、ソファーを捨て、小さめのソファーを買い、ついでに、ダイニングテーブルがぐらついている&小さすぎるので(相当古い)買い替えようということになり、超こだわり男(ダンナ)が「適当なの買おうよー」という私の意見はを取り入れず、毎週末家具屋に行った結果、ナチュラルな木のテーブルに決定し、いまは、それらの家具のデリバリーを待っているところ。

仕事、仕事の面では、いつもカルテを書くのが遅い私と、私に輪をかけて遅い同僚の医師D(ちなみに、40代前半くらいの黒人の男性の医師で、診察室が結構近い)で、競争をすることをなった。(電子カルテは、自分のパソコンから書いていいので、ついつい「後でやろう」といい、遅くなる。カルテがたまると、どの検査をしたっけ。。。という恐怖のconfusionになるので、大変よろしくない)
競争は、一週間に診た患者さんのカルテを、絶対次の週に持ち越さない。

土曜日、今回は働く当番だったので、患者さんを診て、カルテをすべて終えて、家に帰った。快感。
ドクターDは、まだ10個くらい残ってて、うなってた。勝った〜
といっても、Dは20分おきに患者さんを診て、私のスケジュールは(NPは全員)30分おきなので、フェアじゃないといえばそうなんだけれど。おかしかった。Dとは大変に仲が良い。

さて、もっとくだらなくないことも書きたかったのだが、仕事に行く時間だ。
コメントをいただいて返事をしてない方もいる。本当にごめんなさい。もうすぐします。やっと家が落ち着いたので。

緒方さやか

Comments

こんにちは・

初めて?…では無いです…
mixiに・を入れましたが
読んで頂けたかなと・

すみません・

失礼しました

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Re: はじめまして

Kichiさん
コメントありがとうございます。
年齢は、関係ないと思います。年齢で仕事が見つかりにくいようなことはありません。NP学校でも、40代後半の人もいました。ただし、問題は、ビザだと思います。
こちらでNP講座を出ても、ビザサポートをしてくれる職場が見つからず、日本(またはほかの国々)に帰国せざるを得なかった人を何人か知っています。
ビザに関しては、アメリカ人と結婚しない限り、もしくは、子供のころからいてグリーンカード保持者でない限り、かなりの運と努力が要ります。
それでも、日本に帰っても経験を活かして教職に就くという手もありますし、ビザに関する法律があと数年後にどうなってるかなんて誰にも分かりません。
ただ、できる限りのリサーチは、行く前からしていった方がいいと思います。学校側は、卒業後のビザのことまでは知らない、もしくは授業料欲しさに都合のいいことしか言わない、という可能性も高いと思うので。
Good luck!
NP講座に入学の際は、ぜひまたご連絡くださいね。
緒方さやか

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.