左目の一大事の続き。

数日前のブログエントリーの続きです。

さて、左目が、患者さんにも「大丈夫ですか」と聞かれるほど赤くなってしまった私は、その日すぐに、同僚の医師のスケジュールに自分の名前を挿入。「君が患者さん?どうしたんだい〜?!」と言われながら、その優しい同僚に相談。結局、彼に患者さんに電話をかけてもらい、C型肝炎とHIVのテストをする。この患者さんから感染した場合、そうと分かるように、ベースラインの私の状態を調べるために、絶対陰性だけど、C型肝炎とHIVのテストを今する。B型肝炎は、予防接種を3回受けたけど、immunityがあることを確認するため、やっぱり血液検査をする。

で、インシデントレポートを書いて、こういう事故があったことを記録した。院長に提出。
(あくまでも、医療機関として記録を残すのが目的。特におとがめとかはもちろんない。上司はとっても同情してくれた。優しい。)

そして、その日の午後は眼科へ。

クリニック内に、眼科もいるので、すぐにアポを取れて、しかも無料で診てもらえるので、有り難い。(保険には請求するが、自己負担額はここで勤務の人は免除になるため)
結果、感染症はないけれど、炎症を起こしている。。。色々あって荒れたんでしょう。。。という結論で、ステロイドの目薬をもらう。

患者さんは、翌日血液検査に来てくれて、どきどきしつつ結果を見たら、もちろん陰性。
私も陰性。B型肝炎は、抗体あり。ほっ。
もう、これで大丈夫。

いろんな人が同情してくれました。
私を診察してくれた同僚は、ちなみに、エイズ患者さんの訪問診察中に、血糖値を調べた針でぶっすり自分を刺してしまったらしい。真っ青になって、結局1ヶ月prophlax(予防薬カクテル)を飲んで、感染しなかったので、一安心、と。まあ、肝炎と違って、HIVって結構感染するの難しいのよね。それを知ってはいたんだけど。本で読んだら、コンドームなしの性行為で感染する率は63回に1回、だったっけな。もちろん、男性か、女性か、男性同士かで、かなり変わってくる率ではあるけれど。

私も、次回からは、傷口を切ったり洗ったりするときはマスク(ゴーグルも役目も果たす、顔全体を覆うやつ)をしよう。先週みたいにマスクが見つからなかったら、マスクが見つかるまで洗わないわ。と決心。

アー良かった、と一件落着なのですが、未だに目が赤い&ごろごろするので、ステロイド目薬を使いつつ、毎日眼鏡の日々。来週は香港&日本の旅なのですが。。。。分厚いメガネのまま色々な場所に登場するかもしれません。あしからず。

Comments

No title

はじめまして。
YouTubeで緒方さんが日野原先生と対談なさっている動画を拝見して以来、ときどきブログをのぞかせていただいてます。

針刺しや体液って怖いですね…。でも、ただの炎症で一安心。
感染率はとても低いものの、やっぱり不安になるものですね。

自分は来年から看護学生です。
これからもブログから勉強させていただきます!

お仕事頑張ってください!

Re: No title

こうさん、
ありがとうございます!看護、医療の仕事につきものの危険ですが、自分の身を守ることは可能です!私の例の通り、くれぐれも自分の身を守ることに遠慮をしないでください。
これからもよろしくお願いします。
緒方さやか

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.