術前検診は心臓ばくばくである(私が)

本業(NP業)が大変だ。
最近忙しい。重症な患者さんが多い。

症例1
80代後半の、超重症喘息&COPD, Pulmonary Hypertension、ボーダーライン糖尿病(ステロイドのせい)、の患者さんが、Total Hip replacementをするというので、術前健診をしなきゃいけない。最後に入院したのは2週間前、喘息のせい。今でのステロイド服用中。
って。。。。。。手術していいなんてとても言えないこの患者さんの状態!!!
でも手術しないとモルヒネ(MS contin 30mg Q12H)を毎日飲んでいても痛みの取れないこの患者さんのQUality of lifeはどうなるのか?!
でもこの患者さんは本当に手術をしたら良くなるのか?!膝はreplacementしても対して良くならなかったし。術後のDVTとかが超心配。。。。そうでなくても寝たきりになるのでは。。。。

Pulmonologist & cardiologistにも診てもらった。最終的に「手術しても良いです」というのは私の仕事。家族と計何時間話をしただろう?! 外科医とももちろん話した。
結局、今日の話し合いの末、やはり手術をしたいという本人の希望もあり、手術に進むことになったが、いやはや、まったく手術が終わるまで(というか、術後6週間くらいまで?!)心配だよ。。。

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.