メディカルアシスタントがもうすぐお父さんになる!

私担当の、メディカルアシスタントのLが、もうすぐお父さんになる。
ラテンアメリカ出身、まだ20代の彼は、私の患者さんのバイタルサインを取ったり、部屋に案内したり、時には患者教育の一部も担う。準看護師の下で働く立場の、メディカルアシスタントである。普段はヒップホップバンドで歌うのが趣味。彼は去年、「僕の親友でもある」とのろける奥さんと結婚した。
そした彼女がめでたく妊娠し、11月の終わりには出産予定。
NYでは、出産休暇は12週間で、無給もしくは50%の給与などで、大抵女性が取る。でも、去年男性医師の1人目が生まれた時は、彼は2週間の出産休暇を取っていた。Lも、取りたかったみたいだけれど、わがクリニックでは無給だったので、お金が要るのであきらめたようだ。普通に有給休暇を1週間だけ取るらしい。それも、人事がかなりフレキシブルに「生まれた時に合わせて、休ませてあげられると思うよ」と言っているので、良かった。

今日は、サプライズでLのためにbaby shower パーティーだ。午後3時に、人事の買ったケーキを用意して、皆で暗い部屋でLの到来を待つ。赤ちゃん用のプレゼントを買う人もいるけれど、私は希望者のお金を集めて赤ちゃん専門店のギフトカードを買ったので、代表してあげることになる。20人くらいで、300ドルちょっとだけれど。看護師と医師、NP、PAは20ドル、メディカルアシスタントは5−10ドルずつあげていた。

「早く赤ちゃんに会いたい」とか言ってるLが可愛い。しかし、生まれた後は、すでに注意散漫気味の彼が、睡眠不足でどうなるか、少々不安。いずれにしろ、めでたい、めでたい!

Comments

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.