腰痛ダンス?

テレビで社交ダンスをちらっと見て、また踊りたくてたまらなくなった。サルサとメレンゲは大昔から踊っていたけれど、2002年から2006年まで、社交ダンスが人生だった。(今のダンナと出会ったのも、社交ダンスである!)
友達のケビンと、セレステ(注:現ダンナとはほとんど競技会に出なかった。ケンカになるため)を相手に、週6回踊り、競技会にも出て。得意なのはワルツとヴィアニーズワルツとクイックステップ。苦手はフォックストロットと、好きだったけど評価は悪かった(汗)のがタンゴ。ラテン系は好きだけどテクニックがいまいちらしく、なかなか勝てない。。。それでも、ルンバ、ジャイブ、チャチャ、サンバ、スイング、一通り踊っていた。

そこで、数日前、かねてから興味のあった職場の近くの社交ダンススタジオを突然訪ねてみた。ぼろぼろのダンス靴を出し、足を入れると吸い込まれるようにフィットする。そして、よく揺れるスカートをはくと、自然に顔が笑ってしまう。仕事の後の気分転換には最高だ!と思う。しかし、1時間のタンゴのグループレッスン後、私は腰をおさえて唸っていた。。。

ステップとかは昔取った杵柄で、ほとんどついていけるけれど、体が5歳年を取っただけで、こんなに辛いものか。そういえば、昔は腰痛とかなかったものね。

というわけで、悲しい結果だったけれども、時間があれば、もう少し踊ってみたいと思う。少し、少しだけね。昔と違って週に何回も踊る時間はないし、競技会に出るつもりもないけれど、ダンスフロアはステージで、1分半だけなりきれる、その舞台にのる感じがたまらないのだ。キューバの奴隷の悲しい情熱のあふれるルンバ、小悪魔チャチャ、音楽の風に乗り切るワルツ、いたずらなサルサ。ダンナと一緒に家で踊ったら、ちょっと調子に乗ると、“Oh yeah! We still got it!”と言って大笑い。

さて、それならば、腹筋でもして、腰痛対策を極めなければ。

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.