被災地で訪問看護1人開業容認 厚労省が特例

http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041301000809.html
から、コピペします。
これで、訪問看護ステーションの数が増えることができます。看護師の数の少ない過疎地などの必要なニーズを埋めることになります。被災地だけに限らず認めてほしい。。。

**************************************

被災地で訪問看護1人開業容認 厚労省が特例

 厚生労働省は13日、東日本大震災の被災地で医療・介護を必要とする在宅高齢者に十分な看護サービスを提供するため、被災地に限り、「訪問看護ステーション」の開業に必要な人員基準を看護職員1人に緩和することを決めた。

 被害を受けた訪問看護の施設復旧が進まず、在宅の高齢者にサービスが行き届かなくなる事態を避けるため、特例を認める。同日の社会保障審議会介護給付費分科会に方針を示し、了承された。

 災害救助法が適用された市町村(東京都内を除く)では、常勤換算で「2・5人以上」となっている現行の配置基準を緩和し、市町村の判断で開設を認める。期間は最長で来年2月末まで。政府の行政刷新会議は3月、訪問看護ステーションについて「一定の要件の下で1人開業を認める」と判断している。

 この日の分科会では、厚労省が、被害を受けた介護施設や介護事業所に対し、復旧費への国庫補助の引き上げを検討していると説明した。

 また2012年度の介護報酬改定については、来年1月に審議会としての答申を取りまとめる考えを明らかにした。

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.