日医が用いた「特定看護師反対の証拠」

つい数時間前に行われた厚労省のチーム医療推進会議で、医師会代表側が世界医師会によるこちらの書類を持ち出したようです (看護師にやらせる、などのタスクシフティングが良くない、そのようなことがある場合、医師が監視することが一番大切だ、などなど)
これはWorld Medical Association によるもので、WMJの主旨は、ウェブサイトによると”The organization was created to ensure the independence of physicians”とありますから、医師の自律性を守るために各国の医師会が集まって作っている団体ですね。だとしたら、医療じゃなくて医師の会ですから、NPなどに反対なのは当たり前ですよね。

対して、世界看護協会、アメリカ看護協会、NP協会などの書類を見せても良いのですが、「自分がかわいい」のはどの職種でも同じでしょう。だとしたら、できるだけ中立的な立場を見てみたい。そうした場合、シンクタンク、患者団体、NGOなどの意見が一番それに近いと思われますよね?

アメリカ最大規模の患者団体、AARPは引退したひとびと(高齢者)の団体ですが、NPの強力な支持者です。(団体メンバーたちにNPを勧めている記事はこちら

さて、それでは、こちら(ダウンロード)の書類をご覧ください。Institute of Medicine による、看護師の裁量権を限らない方が良い、最大限に活かした方が良い、という報告書です。今貼ったリンクはまとめだけですが、ほかの部分も読みたい方はこちらから。

Institute of Medicine は「政府から独立してバイヤスのない意見を、政策者及び市民に与えるのを目的とした」(ーウェブサイトより)非営利団体です。2010年10月5日に出た彼らのレポートは、The Robert Wood Johnson Foundation (RWJF ー医療と保健に特化した財団で、アメリカで一番大きい。公衆衛生の分野などで非常に有名)との共同で書かれたものです。
今回の検討会の報告書を読むのが楽しみ(戦々恐々)です。。。

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.