今朝の患者さん

診た患者さんの診察メモ:

1)40代女性、ラテンアメリカ人、スペイン語。頭痛、のどの痛み、熱
診断:インフルエンザ

2)70代女性、中国人、筆記と、中国人のメディカルアシスタントの通訳を通して診察。慢性的な肩のこりと痛みーー>理学療法へ送った。でも、右側の甲状腺が大きいのをたまたま発見。血液検査。フォローアップの際には超音波をオーダーするかも。

3)50代女性。スペイン語。1/13-17までRight upper quadrant 腹痛で入院。入院中AST, ALT 高かった(150と210だったっけ?)。Gallbladderはすでに手術で取ってあるため、choledocholithiasisを疑われるが、Ultrasound & MRCP negative, except for fatty infiltration of liver. 現在、痛みは1/10だが、現在、疲労を訴えている。体を起こすとき非常に軽いめまいもある。 今日の診察はorthostatic hypotensionも含めて正常だった。
外反母趾の手術は延期し、血液検査をオーダー。GI専門医とのアポを来週に取る。

などなど。

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.