血圧よ、血圧よ。

昨日は、血圧のものすごく高い人が3人来て、うんざりした。なぜうんざりしたかというと、ことごとく「1年間薬を飲んでいません」(2人!)とか「1週間薬を飲んでいません。薬がなくなったのでもらいに来ました」とかなのだ。そのうち1人は、しかもナース(准看護師)の人。。。「自分の血圧は怖いので測りません」主義だそうで、最後に測ったのも薬を飲んだのも1年前。

薬を飲まないのはなぜ?副作用を心配している?高いから?と聞いてみたら、「うーん別に気分は悪くないし。」という答え。

さすがに「薬はなくなる前に受診しなさい!!!!!!!!!!」と(優しく)怒ってしまった。そしたら、「薬局に薬をもう数ヶ月出してくれるように頼んだのに出してくれなかった」とのこと。(アメリカでは、薬局からそのようなリクエストがファックスで来ると私たちNPや医師が、目を通し、1~12ヶ月分の処方を患者を診ずにできる。私は1~3ヶ月分しか出さないことが多いがそれは個人の判断に任されている。)「それは、あなたが6ヶ月受診してなかったからでしょ。3ヶ月に1回は最低来てください」とちょっといらいら。

そして、「なぜ高血圧はよくないんだと思う?」聞き、知識をテスト。「えーと、心臓に良くないから?」という患者さんに、ほかにどんなに体に良くないかを教える。「ちなみに、昨日の夕ご飯は?」と聞いたら、ひとりは「えーと、ラザニア」(准看護師の人)。ひとりは、「ケンタッキーフライドチキン。」ああ、アメリカの食生活よ。

全員、肥満もあるので、血糖値をチェックしたらひとりは116。すると、「あー、血糖値高いとは言われたことありますけど、それってやっぱり良くないんですか」(私のボスは、糖尿病という言葉を使わずに、「ちょっと血糖値が高いね」と呼ぶのが好きなのだ。患者さんを怖がらせたくないからだという。私はその考えは大反対。)
「このままいくと糖尿病になりますよ」「糖尿病になるとheart attackの可能性が数倍になりますよ。勃起不全にもなりますよ」などなどと教育。勃起不全に関しては、友人の医師から「若い男性には効く言葉だよ~」と言っていたので。本屋で糖尿病に関しての本を見てみるように言う。パンフレットもあげる。

そうして、1人20-30分かけて教育/診察/処方(安いジェネリックばかり。でないと飲んでくれなさそうだし)した。幸い、予約に来なかった患者さんが多かったので時間はあったのだ。ひとり、190/110だった人はサンプルの薬(ちなみに、Benicar HCT 20/12.5....ARBi + HCTZの薬ね)を飲ませ、15分後に再び測った。そのまま家に帰らせたくなかったのだ。

でも、患者さんが3人ともとってもとってものれんに腕押し状態で、とても生活態度を変えようとかいう気配がない。このような時は、無力感を覚える。

あーあ、strokeを起こしてからじゃ遅いのに。分かってくれ!!

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.