アメリカを旅する時の心得

数日前、日本から、アメリカのNPについて調べるために来ていた方と会った。
最近、そういう視察/取材旅行は増えているようだ。ので、アメリカに来る方のために旅行の心得を書いてみた。冗談半分で読んでほしい。

ニューヨークを含むニューイングランド(コネチカット、ボストンなど)を旅する時の心得

1)タクシーに乗った時のチップ(20%)を忘れないように。
2)タクシーは、ニューヨークシティー以外では呼ばないと来ない。来るのに20-30分以上かかることもあるのでそのつもりで。
3)運転が得意なら、免許を持ってきてレンタカーをするのが一番良い。日本の免許で30日間までは運転できる。
4)飛行機は大体50%の確率で数時間遅れが出るので、そのつもりで。
5)長距離バスは15分-1時間ほど遅れることがある。
6)特急電車(Amtrak)はほとんど必ず遅れる。普通、15分から、1時間半ほど遅れる。
7)ただし、「人身事故」で電車が遅れて困った経験というのは、アメリカに住んで19年間一度もない。
8)NYシティーの地下鉄は、途中で「この電車は、今から急行にすることにしましたー各駅停車の人は降りてください」などとぶったまげたアナウンスをすることもあるので、要注意。
9)NYシティーの地下鉄は、「この電車は、6番って書いてありますがー、今日だけ4番電車の道を走っています。」などとアナウンスしていることもあるので、よく聞いてから乗ること。
10)地下鉄のアナウンスは、くぐもって聞こえないことが多いので、周りの人に「今なに言った?」と聞くこと。
11)トイレの便座に座ると大体45%くらいの確率で激しく後悔する。

あ、ついでに、ニカラグアを旅する時の心得も書こう!
1)電車は存在しない。
2)バスは、時刻表というものが存在しない。バスが埋まったら発車する。
3)音質の悪いメレンゲ音楽を大音量で数時間聞いているのが苦痛ならば、バスには耳栓を持って行こう。(私は、あれが中米に来たぜ!って感じで好きなのですが)
4)警察は信用ならない。自分の身は自分で守れ。
5)絶対に金属でできた指輪や、イヤリングなどをしない。友達は、安い銀色のネックレスをしていたがために、刀(マシェッティ)を持った男に追い回された。
6)「温水のシャワーがある」と宣伝しているホテルのうち、約70%は温水が出ない。例え有名ホテルでもそれは同じ。
7)トイレに便座は存在しない。100%ない。飛行場でもホテルでも。用は中腰で足す。以上。

いつか、誰かの役に立ちますように?!

Comments

Unknown

アドバイスをふむふむと読みました。日本での便利な生活になれていると、アメリカでは「ありえへん!!!」と思うことがたびたびおこりますな。「まー、人生こんなこともあるか。」と唱えるようになりました。日本に戻ると、乗り物の時間が正確で逆に感動したりします。電車の中で「9分遅れで走行しております。お急ぎのお客様には大変ご迷惑をおかけしております。」なんて放送が入って驚いたり。たった9分でしょって。

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.