PAとは

PAとは Physicians Assistantの略で、PA修士号を経た者が、医師の助手として、医師と協力して患者のケアにあたる。

NPと違って開業はできない。NPと同様、薬の処方などは自由にできる。

NPは地域医療に関わる者が多いが、PAは病院内で働くことが多い。

医師になるのに興味があるが、安定したライフワークバランスを重視したいという大学生と、医療にキャリア転換をしたい社会人がPAの講座を目指す。中には、 医師型モデルに惹かれる看護師も含まれる。

平均約25-27ヶ月の修士号は凝縮メディカルスクール形式で、NP修士号のように専門が別れていない。急性期医療に携わる割合が比較的多いものの、精神科、僻地でのプライマリケア、産婦人科など、多岐に渡る分野でNP、看護助産師などと平行して、全国で約9万人のPAが働いている。

PAについてもっと知りたい方は、こちらでPAに関しての記事を読んでください。

また、ダウンロードのページでPAの歴史年表をダウンロードできます。

玲子ノール:フィジシャンアシスタント(PA)の歴史、役割とその活用.日外会誌、110(3): 167-171, 2009 には、PAの役割が分かりやすく解説されています。



チーム医療維新トップページ

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.