日本からの取材

最近、日本からの取材(視察旅行)が2つあった。
彼らの視点を聞いてみると、面白かった。

一人は、「NPってやっぱり医師とも看護師とも全然違うんですね。こんなこと言ってはなんですけど、なんか、。。。「お母さん」みたい。」
モバイルクリニック(ヴァンで移動して貧しい地域をまわるクリニック。友達がそこのNPである)を視察したところ、患者さんが曖昧な病状を訴えてくるのは、本当は寂しいからだということを見破って、医学的な追求だけでなしに、よしよしと話を聞いてあげることから、感じたと言う。

二人ともやはり百聞は一見にしかず、思っていたNP像と違っていた、と感じていたようだ。日本に本当の姿が伝わるといいな。

上司にいやな顔をされたりしながらも、がんばって仕事中に時間を作り、取材協力してくださった在米高度実践看護師&PAのみなさま、本当にありがとう!!!!!!!!!!!!!

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.