看護診断、謎の言語

私は、大学は生物学で鳥の研究などをしていた。その後、インターンシップは公衆衛生の分野で、それから3年間でNPになれるコースにイェールで入学した。

1年目は、1年で正看護師になってしまおうというすごいメニューで、いやはやその勉強の激しいことといったら、なんと自殺未遂が一人出たくらいだった。

その時に習った看護診断は、本当に不思議な感じがした。

クラスメートたちと看護診断についてのディスカッショんをした時、人種などに話題が及んだ。(なにしろ、社会学をベンン今日した人も、プロのバレリーナの人も、コンサルタントもいる。同級生はいろいろ面白い過去を持っていた)

マイノリティーは、自分たちのアイデンティティーの確立と、unionを狙うため、自然と自分たちの言語を形成する。だからblack englishはあのように独自の文法と言葉を発展させたとである。看護診断も同じことで、「自分たちは医師の手伝いではない。看護は看護だ」と主張する際に、自分たちの診断システムと言語があった方が都合よかった。
とは、同級生の説。面白いなと思った。

医療が高度化していなかった昔は、確かに看護の幅は狭く、看護診断で間に合った。そしてもちろん、医療の中における医学と看護というのは、重なり合う部分もあるが、別個の部分も多かった。

現在では、看護は医学化し、また、(大変よろしいことに)医学の一部も、「看護化」というか、ケアの部分に重点が置かれ始めている。

だからこそ、看護診断だと間に合わなくなってきた、感もある。

自分はNPなので、もちろん医学診断を使っている。学生のころ、間違えて、看護診断をSOAP NOTEのAのところで使用したら、「それは、診断ではない。ICD-9に載ってないものは、診療報酬がつかない」と怒られた。

医学診断はお金がつくから強力なのか。That makes sense too.

看護診断は、10年後、使用されているのだろうか。



Comments

NANDAのメリット/デメリット

ずばりNANDAのメリット/デメリットはなんだと思われますか?

中国語!

コメントありがとうございます。中国語なみというところで大笑いしてしまいました!

NANDA-NIC-NOCというよりはNANDA-NANNANDA-SORYA~という感もありですね。

ちなみに(本当に知りたいので)「非効果的治療計画管理」の意味は???もしヒマがあったら教えてください。検索したのですが定義はぱっと見つかりませんでした。

「患者に説明もできないし」というのはとても重要なポイントですね。だって、私たちがやっていることは最終的に患者さんに役立つべきことなのですから。患者さんにつながらなくては、自己満足だけで終わってしまう危険がありますものね。

日本では・・・

うちの病院では、電子カルテイコール看護診断とやっきになり、NANDA-NIC-NOCを進めており、いったい何のメリットがあるかが全くわかりません。置き換え作業です。患者にも説明できないし、NANDAソフト導入がさも看護記録を自動化・簡略化させるかのごとく、軽く考えているのには閉口します。末端の病院はこのような状況です。医師やその他コメディカルも使えるような標準語をなぜ使用せずこのような、状況になるのかがわかりません。もう中国語なみの診断用語ですからね。「非効果的治療計画管理」はあ~っ??て感じです

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.