ユダヤ結婚式やら甥やら、わらわら

今週末は、妹が日本から来ているので、妹と母親と買い物に行ったりした。授乳の間なので、ちょこっとだけね。その間、フィアンセが妹の息子(私の甥。生後3ヶ月!)を見て、おしめを換えたりしてくれた。

彼は、ひまな時には携帯で甥の写真やビデオやらを見ては、でれでれしている。

***
今日は一日、友達の結婚式に出てきた。午後12時半から、6時くらいまで。
な、長い。私のフィアンセもちょっと疲れていたかも。

ユダヤ式の結婚式なので、ヘブライ語で、英語の訳がつく。
ガラスを花婿が割ったり(後戻りしないの意味)、椅子に乗せた花婿と嫁を頭上にかかげたまわりを、参加者総勢で手をつないでぐるぐる踊ったり(もちろん参加した)、文化的に面白かった。幸せそうで、とってもお似合いの二人で良かった!

ちなみに、花嫁は、元宇宙科学者。その後、メディカルスクールに入り直し、現在、精神科医。私のところに、患者さんとして来たんだけれど、気が合ったのでディナーをして、それ以来友達である。

そして今、家に帰って必死で原稿を書いている。

***

ニューヨークで多分、金曜日だけの仕事を始めることに決まった。以前にも書いたが、ダウン症などの成人の、プライマリケアである。クイーンズの、ちょっとやっばい危ない地域である。面接の時に、「近くまで行ってカフェで原稿書いてよう!」と思ったらもちろんカフェなんてものは無かった。

ネイルサロン(アメリカでは地の果てに行ってもネイルサロンがあると思われる)があったので、中に入ったら、みなさん全然英語が話せず、スペイン語で色の相談とかをした。スペ語が役に立ったぞ!(笑)

New Havenの私の家からは電車で片道3時間。ニューヨークの彼の家からは電車で片道1時間ちょい。かなり不便なところではあるが、時給がとても良いし、ダウン症とかの患者さんは大好きなので、週4時間で始めてみる。(できれば週に2回で、ほかの日には、刑務所から出てきたばかりの人たちの住む施設のプライマリケアを、と頼まれた。が、あまりにも危険そうなのでそれは却下。)

月曜日から木曜日は、今まで通りNew Havenで働く。

そして、本格的に月ー木のニューヨークの職探しを近く始めようと思う。

***

ウェディングに関しての友達の件は、暗礁に乗り上げている。なんでこんなややこしい、忙しい時に太平洋を超えて親友とケンカにならなきゃいけないのか。sigh***
時差があるから電話もしにくいし。
お金のことって怖いよね。メールも怖いよね。本当に誤解とか起こりやすいし。

***
さあ、原稿に戻らなきゃ。今月は3つの締め切りがある。NPが注目されているということだ。嬉しいけれど大変だ。一日の仕事が終わってから家に帰って、さあ原稿を書くぞーとなるとやはりあまり時間がないのだ。メールも山盛りだし。

下らないブログのエントリーが増えていて申し訳ない。

Comments

Unknown

おがさやさん、きをつけて~。あんまり無茶しないでね、結婚前のむすめさんやし。(なんか、おばちゃんになってもうた)

Unknown

私の田舎、名古屋の結婚式も面白いよー。
花嫁道具を積んだトラックは運転中後退をしてはいけないとか、花嫁さんが花婿の実家でお菓子の詰め合わせを庭とかにバラ巻いて近所の子供たちに拾わせる(→こんな嫁さんが来たよと宣伝する)とかw
日本国内でも色々だもんねー。興味深いです。

>お金のことって怖いよね。メールも怖いよね。本当に誤解とか起こりやすいし。

時差の関係で難しいと思うけど、やはり電話して直接話したほうがいいように思う。メールだとどうしても一方的だし、真意が伝わりづらいし・・。意外と「あの時は言い過ぎたわ、ゴメンネ」みたいにうまくいくかもよ?

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.