友達の航空代は出すもの?

親友が、香港系アメリカ人である。9才からボストンで育ったが、
今は香港に住んで、お仕事している。彼女の友達も、私以外は全員中国系である。
今でもよくメールをしあって下らない話とかで盛り上がっている。

(私の)結婚式は6月にボストンでやるから、里帰りがてら来てね!
と招待したらば、

「もちろん!」

ってな話になっていたのだが。

今日になって、彼女から、「実は、本当はいいたくなかったんだけど、正直に言うね」と、メールが来た。「サヤカが、香港からアメリカへの飛行機代を出すって言いもしなかったことで、すごく傷ついた。普通は、航空代は特別な友達には出すものだし、出さなかった友達は一人も知らない。もちろん、私はあなたの結婚式に出たいけど、私は特別じゃなくて、ほかの人と同じくらいの価値しかない友達なのかな。」

だと~~~~~~~~~
えーーーーーっ!!!!!!!!!!!

アメリカの常識だと、もちろん航空代は出さない。自分で勝手に、行きたい人が自分の分を出す。

日本の常識だと。。。。(どうだろう?知らない)


中国だと、どうやら、結婚する側が出すらしいのだ!!!!!

知らなかったよ、それは!!!!!!

フィアンセは香港人だけど男だから「そういうの全然わかんない」っていうから、聞きもしなかったし。

「それって文化の違いだから!許して!」ってメールを急いで今送ったものの、結婚式準備のストレスがさらにアップ。。。

なんでかなーもう。3文化結婚式、わけわかんないよ。泣きそう。

だって、2010年の12月にはコンゴの友達の結婚式(南アフリカにて)に招待されているけれど、それは当然私が航空代(20万円以上)もホテルも出すんだよ?彼女はアメリカ人だから、当然そういう話になっているんだけど。私のそれを承知で、今からお金貯めなきゃなんだけど(笑)

私の結婚式はアメリカ式ではないのか?中国式にやるのか?花婿と、親友が中国人だから?それとも何式でもないのか?

Comments

文化の違い?!

結婚されるんですね~おめでとうございます。

しかし、その親友はホント頭痛いですよね。
今まで親友だったのに、そんな風に言われるとなおさら。余計なストレスが溜まるのも分かる木がします。

でも、いつか笑い話になれる日が来ると、気を楽に持ちましょう。
せっかく幸せになるんですもの。小さな(大きな?)事でちまちまと悩んでるのはもったいないですよ!

本当に親友ならずっとこの先も仲良くやってくれるでしょうし、終わってしまえばそれまで。
文化の違いを受け容れられないのならば、文化の違う親友を持つことは不可能ですよ。
彼女は、これから先も同じようにして大事な友達を失くしていくかもしれませんね。

少し時間を置いて、また彼女とコンタクト取ってみてはいかがでしょう。
あれこれと誤解を解こうとすればするほど、こんがらがってしまいそうですね。

とにもかくにも、素敵な結婚式になりますよ!

Unknown

あ~、泣かないで~。

こういう揉め事というか、問題や衝突は結婚式をするとなると、結構あります。みんな、本人も含めていろいろ余裕がないんだよね。お友達、もしかするとさやかさんが結婚してしまうことが寂しいんじゃないかな。それで、ちょっと絡んじゃってるとか・・・。

皆さんが言うように、全員がHappyというわけにはいかないのが結婚式。自分が主役だから、このときくらいはやりたいようにやらせてもらっていいと思う。お友達も、本当のお友達なら時間がたったらわかってくれるはず!

Unknown

大変でしたね。

結婚式でいろいろもめるのはよくあることです。でも、香港人でもないさやかさんに、香港人の常識を当てはめるのもかなり無理があると思います。知らなくて当然ですよね。まあ~、彼女も若いのでしょうし(結婚されてますか?)この大変さを知れば、“あのときはごめんね~”となると思います。

日本では国外の式には各自が払ってくるものなのよ~と天然の振りして言ってみてはどうですか?国内でお車代が出るのって、皆結構な値段を包むからですよね?中国系ってことは24金の塊でもくれるのかな?中国人の彼氏がいたとき24金の塊のような指輪をくれたのを思い出しました。

Unknown

ありがとう、みんな。

結局香港に電話して、彼女は、「アメリカ生まれの中国人の友達もいるけど、航空代はかならず払う。お金の問題じゃないんだ。サヤカがそれを払うといっても私は絶対、いいよって言って自分で払ってたと思う。ただ、払うと一度も言ってくれなかったから、すごく傷ついた。」と。

そこで彼女に「ほら、始めのころ、間違えて時計をプレゼントに
贈ろうとしたこともあったじゃない!」と彼女を説得(時計を贈るのは香港では、相手に死を至らすという意味で大変タブーである)。

そうしたら「文化のせいにしたいのは分かるけど」

なんかもう疲れた。。。。大学2年の時からずっと親友で、こんなによく話す仲なのに、ここに来てこんな大誤解が生まれようとは。はっきり言って忙しいのに。あー
ほかにも考えることのたくさんある、ウェディング準備でした。

コメントありがとう。ちょっとほっとしたわ。

うちの場合

いとこが海外で挙式しました。
その際の旅費はたとえ親族であっても各々が負担し、ホテルだけ手配してくれました。
まさに来たい人はきてねーという感じで。
旅費を新郎新婦側が負担するのは、おそらく国内くらいまでだと思います。それも100%じゃなくて「お車代」としてある程度出すとじゃないかなー。たぶんね。

そのお友達との誤解が解けるといいね。
当日は楽しい式になりますように!

Unknown

泣かないで~~

基本的に結婚式で招待客全員をハッピーにするのは無理だとおもうの。それは日本国内でひらく結婚式で、招待者全員が日本人だったとしても、よ。まして、3文化(いやもっと?)ある状況だもの、衝突しないわけがない。

大事なことは、さやかさんとさやかさんの彼がお互いが大好きだということ。これに尽きる! それを素直にお祝いしたい人は、結婚式に出席できようが出来なかろうが、その人のベストを尽くせばいいと思う。飛行機代うんぬんで友達が離れていってしまうのであれば、その人は残念ながらその程度であったということじゃないかな。

結婚式は終わるよ。でも、結婚生活はずっと続く。これは誰にも邪魔されない。だから心配しないで。

主役はさやかさんと彼だよー

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.