日本で頂いた質問

日本で頂いた質問を、ざっと記してみます。
あれ?こういう質問は出なかったの?というものがあれば、メールしてください。プレゼンなどで私がすでに答えていたので、質問として出なかったものも、誰もほかに思いつかなかった質問も、ありますので!
これから、ぼちぼち質問らに答えていきます。今日は、リストアップまで。
緒方
****

NPの男女比は。
CNSとNPの違いをもう一度。
なぜ介護施設で働くNPがそんなに少ないのか。
日本では医師免許がないと直接の診療行為は医学生でもできないのですが、アメリカはNPは研修制度もなく、在学中に研修が含まれているということを聞きました。学生でも縫合など、診療行為に直接参加できるのですか。
確認ですが、国家試験があって、その結果を用いて各州で免許を申請するということですね。
看護師以外の、社会人などがNPコースに3年間通った場合、長く看護師をやっている方との確執はないのですか。
昔は別れていて、今はだんだんCNSとNPが融合してきていると思ったら、違うんですね。
働いている場所の割合のデータは?それは政府で集められているものですか、NP協会のデータですか。
NPの行為に診療報酬が出る前はなぜNPを雇う医師がいたのでしょう。
(ケーススタディーに関して)結局その81才の男性の痛みの原因はなんだったんですか。その病気の治療はせずに、痛みの処理だけしたのですか。
NPはアメリカの一般の人々に認知されているんですか。
NPの方が医師より診察に時間をかけることができるのか?それはなぜか?
NPのプリセプターは、医師やNPが務めると言ったが、NPから見て「いい医師」とはどんな医師か。

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.