心電図の機械は「借用中」

無事帰ってまいりました。
短いけれど実り多い旅でした。中野の「ケアプロ」見学、リハビリ病院見学、老年看護の素敵な看護リーダーたちとの出会い、そのほかにも、大小いくつか。
東京で開いていただいた懇親会では、医学生、看護学生、医師、政府関係者、看護師、看護教育者、新聞、医療系出版社、テレビ関係の方々、そのほか、大変多くの分野に渡る人々にお集まりいただき、出会いに、感謝、感謝です。このような垣根を超えた意見交換の場が、どんどん増えてくれることを願っています。PA/NP関係の話だけじゃなくて、ね?

また、少しずつでも日本での話をここに書いていきます。

******
今日は、今日あったことを、少し書きたいので書いていきます。

******
さて、日本から帰って、12時に寝たら、時差で2時半に起きて、眠れず。。。。

しょうがないから朝6時にホットヨガに行ったら、岩のような肩こりがどろどろと溶けていくように良くなりました。今はこってないけれど、捻挫したみたいな熱い感じがする。それが痛気持ちいい。行ってよかったです。

今週は、ボスが休暇を取ってしまったので、そして、先週は私がいなかったので私好きな患者さんはボスにかからずに私が帰るまで待っていたので、患者さんも書類仕事も多くて大変です。

ところで、うちのボスの医師は、最近手を広げて近所でPAを数人雇って、もう一カ所開業してしまったのね。新しい方が先週とうとう開院したのに、色々設備が整っていないからその医院が色々借りに来るのが、すっごい困る。

今日、Pneumococcalの予防接種をしようと思ったら、「あ、ありません、今朝新しい医院に持っていかれてしまいました」まじかい!!!!!幸い、その患者さんはPPDも必要だったので、あさって、PPDをチェックしに来院する時に、あげることになった。(今日注文すれば明日には着くからね)

それよりも愕然としたのは、今日の11時ごろに、50代女性で、息苦しさと血圧が高い(166/100)患者さんが来たので、すぐにEKGを取ろうとしたら、「あ、ついさっき来て、借りていきました。。。まだEKGの機械が届いてないそうで。。。」と、メディカルアシスタント。私はあまりのことに、めまいがしましたよ。
「冗談じゃないわよ!すぐ返してって言って!!!!!!」

(準備できてないのに開院するなー!!とは、心の声。)

近所の懇意にしている心臓科外来に送って、心電図取ってもらおうかしら、と思ったら、患者が「あ、なんだか、胸が押されるように痛くなってきた」と言い出したので、

わたたた

心電図を取らずに

そのまま

ーー>病院へ直行送り~~~~!!!

ちなみに、病院のER医師からの電話によると、心電図は一部reversed T waveのほかは正常、今から肺のレントゲンと、D-Dimerを注文する、経過観察のために一日だけは入院させて、ストレステストもさせる、とのことでした。

これで、もし、病院に送らずに、心臓科の医師に行く途中の道筋でばったり彼女が倒れたら一体誰の責任なんだろう。。。

私が法廷に立つんだろうか。。。立って、泣きながら「EKGの機械を借りていいなんて私は言っていません」とは訴えるのだろうか。想像すると恐ろしいのでここで想像はやめるが、ボスがイギリスから帰ってきたら文句を言おう。

さて、明日もがんばるぞ。明日は「特に予約満杯だから心して来るように」と受付に言われています。時差ぼけになんか負けてられません!


Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.