医学生、看護学生の集まり本日!


根木さんの、「医師」「看護師」の枠を超えようという試みの集まりが今夜開かれます!案内は一番下をどうぞ。ぎりぎりですみません。

最初に、新生児NPエクランドわかこさんの一言が、とってもよかったので載せさせてもらいます。

緒方

***
(以下、エクランドさん)

成育医療センターで講演したその夜に、根木沙良子さんと仰る慶応大医学部の学生の方から大変意欲的な
理解のあるメールを頂きました.講演内容を深く吸収して下さったことに感激させられました。膨大な情報をあの夜は提供したにも関わらず、具体的な重要事項を把握して下さり、NPとして、私が医学部教育に求める物があるかという様な質問や、(例えばNPやPAとのチーム医療体制についての情報を医学部学生に提供するなど)他、様々なご意見を頂きました.特にメールの中で”NPは2級医師のような危険がある”といった報道を聞いたけれど、先入観年のはいる前の医学生たちの層で正しくNP/PAの理解を高める努力をする事のために何か努力したいというご意見を頂き、講演が看護師、医師、将来の医師の卵の心に何か、プラスの印象を残したという意味で心強く感じました。成育での講演は7月の9日でしたが、さっそく、そのときにいらっしゃった医学生/看護学生の方を中心に交流会/グループが形成され第一回目の勉強会が開かれるという事です。根木さんに許可を頂いて、このメールをNP/PAの知り合いに情報としてまた、こういう動きで日本で医療を変えてゆこうとしている活動があることをお知らせするために転送させて頂いています。皆さんの日本のお知り合いにこういった活動に参加されたい、または興味をお持ちの医学生さんなどがいらっしゃるかもしれませんね。医学生、看護学生の集まりと聞いて、私は20年以上前、看護学生のときに解剖学, 細菌学、生物学のクラスのラボのパートナーがPre Med Studentsだった事を思い出しています。学生の間から交流を始める事はお互いの立場を理解しながらもパートナーとしての医療者という認識が育ち易い環境を作る事にもならないでしょうか?
またこういった草の根努力は、壁が厚いNP/PAの将来を目の前にして毎日努力されている日本の皆さんにとって嬉しい情報だと思いました.根木さんに心から感謝したいと思います。今現在 NP導入または考察へのタイミングの課題などいろいろあり、皆、それぞれの考えがありますが、正しい具体情報を提供したいという努力は将来のNP成長のためのみに大きな意義があると信じています。


勉強会の案内とともに、今朝、頂いた根木さんからの返信を下にコピペさせて頂きました.

エクランド
****
(以下、根木さん)

今現在、学生をはじめ30人を超える方たちに協力していただいています。今週水曜日には、第一回の勉強会を開催することになりました。
呼びかけをしていたこの1か月の間にも、本当に多くの出会いがあり、日々感謝しております。

私たちの活動をぜひ皆様にお伝えいただけると、大変嬉しく思います。

目標としては、ただ学生が集まって勉強している、というだけではなく、周りに・社会にアピールしていける団体として成長していきたいと思っております。学生主体ということで至らない点も多いとは思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


[team_of_medical_reform]グループの掲示板に投稿があったことを、Yahoo!グループよりお知らせいたします。
---
第1回交流会のお知らせです。

■度々お手数ですが、参加される方は、下記フォーマットで、必ずご返信ください。

■勉強会といっても今回は、自己紹介や興味のあるテーマ・アンケート結果・団体の経緯・活動内容・方針などを話し合えれば、と思っています。

■途中参加&退室や、勉強会のみ、食事会のみの参加も大歓迎です。

---------------------
日程:8月19日(水)

◆勉強会(ミーティング)◆
集合:16時30分
場所:東京大学 龍岡門
(本郷三丁目駅・徒歩5分)
時間:17時~19時

◆食事会◆
時間:19時すぎ~
場所:た喜ち
(本郷三丁目・徒歩3分)
http://mobile.gnavi.co.jp/search/shop.php?gShopID=a387400
---------------------

■返信フォーマット■
参加の方は、
㈰勉強会の出欠
㈪食事会の出欠
㈫当日連絡先(アドレス&電話番号)を
twinkle_93_virgo@docomo.ne.jpまでお願いします。

詳細が遅くなってしまい、すみません。よろしくお願いします☆

---------------------

根木 沙良子
js2109sn@yahoo.co.jp
twinkle_93_virgo@docomo.ne.jp(返信先)

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.