暑くて暑くて

やっと夏になった。蒸し暑くて仕事(日本関係の仕事の方ね)ができない。
うーん。
実はうちはエアコンがない。
アメリカの古い家なので、取り付けてあるエアコンなどはなく、窓型のエアコンを持っていたのだが、2階から3階に引っ越したので窓がちゃんとした窓じゃなく(ずらしてちょっと開く窓)取り付けられない。

ま、エアコンもともと苦手だし、寒がりだからいいや。と思って扇風機で暮らしていたが辛くなってきたな。(注:アメリカでは寒がりで有名な私も、平均的日本女性の間では寒がりの部類に入らない。)

それと、夜汗をかくと朝シャワーに入り直さなきゃいけないのが面倒。
患者さんの前で汗くさかったらまずいからね。

仕事の上では、ヒマ~~~~~~な時期に突入した。みんな、予約があっても暑いと来ない。子供と遊ぶ予定が入ると来ない。患者さんが来ない。。。。

明日は介護ホームの日なので、「とにかく数を診ろ」とボスの医師からの指示。「きちんといい診察をしようとしたら時間がかかるし、大体患者さんを見つけるのに時間がかかるんですよ。部屋にいないから」
「看護師に自分が診る患者は部屋に用意しとくように言え」
「だって、みんなただでさえ無茶苦茶忙しいのにそんなこと言えませんよ」(弱気)
「人でが足りないのは、それは向こうの責任だろう」

ボス(医師、40代の男)の方が、看護師を「使う」のがうまいのは、面白いなと思う。私は悪くて悪くてそんなことできない。それが性別のせいか、年のせいもあるのか、NPだからなのか、それとも全部か。難しいところだ。

でも患者の数を診なければ収入は少ない。少なければボスが怒るし、「優秀なNP」とは、さっさと(質は落とさずに)患者を診ることでもあるのだ。それに、確かに診察できる(診療報酬の出る)私が、患者を探すのに走り回ってるんじゃ、効率も悪いしチーム医療ではない。

ということで、明日は看護師さんやメディカルアシスタント(MA)さんに協力してもらおう。でも、MAの人たちって露骨にいやな顔とかするんだよねー。ふう。


さて、コメント&メールありがとうございます!お返事書いてなくてごめんなさい。お許しください。少しずつでも書いていきますから。

緒方さやか


Comments

わかります!!!

ナーシングホーム(LTC)は患者さん&チャート(カルテ)探すのに時間がかかるんですよね~。でも、私も悪くって、よっぽど見つからないときでないと、お願いできません・・・。で、同じく、ボス(MD50歳前後?)は人を使うのがうまい。みんな、彼にはへこへこしています。やはり、NPとMDの差なのか、性格による(悪いな~と思う)ものなのか・・・。私も、もっと上手に協力してもらえるようにならないといけないですね~。

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.