なぜウェディングは大変か

なぜ私は今こんなに忙しいのだろうか。

なぜ。

NPとかと関係なくて申し訳ないが、「ブログ」コーナーなのでちょっとだけ。

アメリカで、結婚式と披露宴をしようと思ったら、
まず、大体の人数を決めたあと、

式を決める

1)式の会場を決める(宗教的な場所は、その宗教でなければやってくれないらしい。私たちは公園や、ホテルの中の中庭などでする予定)
2)屋外の場合、雨天の場合の式会場を決める
3)式の最中の音楽隊と契約する(たいていはバイオリンとフルートなど。生演奏が普通らしい。)
4)飾りたければ、花屋と相談して交渉して契約する。

披露宴会場を決める

1)会場を決めて、契約する(会場は、レンタル会場、ホテル、美術館、大学の講堂、動物園、植物園など。屋外の場合はテント会社とテントとダンスフロアを契約する)

2)食べ物を提供するケイタリング会社と交渉して、飲み物と食べ物とウェイターの労働力を契約する。例えばウェイターがグラスを割って怪我をするお客さんがいて、訴えてもちゃんとできるように、保険に入っているケイタリング会社でないといけないので、保険証を見せてもらったりする。
そしてメニューを決める。「何でもあなたの希望とおりにします。ベジタリアンが多いですか?イスラム教の人のため豚肉は避けますか?ユダヤ人の人のために特別なおはらいをした肉のみを使用しますか?ケーキは何色にしますか?クリームはどんなクリームでもいいですよ。20種類から選んでください。」と言われても、希望なんてないよー!とにかくおいしいものを作ってくれ!そして派手色ケーキだけはやめてくれ!!!!!

(注:アメリカでは、日本みたいに大抵美味しいわけではない。はずれのレストランとかは、本当に食べられないくらいマズい。から気をつけなければいけない。試食会を設定して食べ比べないといけない。)

3)レンタル会社と交渉して、テーブルと椅子とテーブルクロスとコップとフォークとナイフとダンスフロアの設置(床が板張りでないなら)。。。を契約する

4)花屋と交渉して、テーブルにおく飾り付けなどを契約する

5)DJか音楽隊と契約する。コードにつまずいて怪我をするお客さんがいて、訴えてもちゃんとできるように、保険に入っているDJでないといけないので、保険証を見せてもらったりする。そして踊りたい音楽を決めていく。

6)式をやってくれる人(牧師さんでなくても結婚許可証を指してくれる資格のある人)と契約する。

7)花嫁の親友3-7人くらいは、お揃いのドレスを着るのだが、そのドレスを決める。花婿側のタキシードもしかり。

8)お祝儀などはないので、招待客用にデパートにいって「レジストリー」というものを作る。要するに、「この中からなにか買ってください」というリストだ。花瓶、やかん、シーツなど200個くらい選ぶ。

9)式場から披露宴会場までの移動のバスなどをチャーターする

10)披露宴会場から花嫁と花婿が去るときのGet away car(ロールスロイス、リムジンなど)をチャーターする

11)式の前日には、遠くから来たお客と、親友と、親しい親戚をディナーに招待しなければいけない。そのためにレストランなどを予約する。

12)式の翌日には、プレゼントを開けながらブランチを食べる儀式をする人もいる。そのレストランを予約する。

13)式の直前には、花婿は男の友達とストリップショーにいったり、ストリッパーを家に呼んだりしてパ―ティーし、独身最後の日々を謳歌する。(冗談でなく)その予約をする(友達が)

14)式の直前には、花嫁は男性ストリッパーを家に招待したり、ペニス型のケーキを食べたりして、独身最後の日々を謳歌する(実際には、友達とネイルサロンやマッサージに行くだけの人の方が多い)その予約をする(友達が)

15)式の1ヶ月ほど前には、花嫁に(ウェディングギフトと別に)贈り物をするブライダルシャワーというパーティーを開く。花嫁の友達の家やレストンランなどに集まる。その予約をする(友達が)


。。。。ぜいぜい。
今は、式場と披露宴会場を決めようとしているのですが、もうすでにめげそうです。「オールインワン」みたいに、パッケージになっているところは、会場とウェイターとテーブルや椅子のレンタルと食べ物がセットになっているので、そういうところに絞っていこうと思ってます。それでも花屋と写真家(書き忘れた)とレンタルカーとDJは別だというこの恐怖。

ちなみに、これらをプランナーにやってもらうと数百万円増しになってくる。

疲れた。以上、結婚準備レポートでした。

Comments

Unknown

周りの意見を聞きすぎず、主役であるお2人の希望を第一優先になさってくださいね。(それでもやっぱり大変でしょうけれど。)

Unknown

おめでとう!!
結婚式の準備項目、愕然としたよ(笑)私だったら絶対無理だ。。ジミ婚って風潮はアメリカにはあるのかな…?
おめでたいけど、ナンカ…御苦労さまです(^^;)

Unknown

みさちゃん
コメントありがとう。ホテルとかはプランナーがただなんだけどねー
プランナーがお花選んでくれるわけじゃないし。
メニューも「何でも言ってください、何でも作りますから」とか言われると、呆然としてしまう。
ABCの3種類から選ぶくらいならできるんだけど。

忙しいけどがんばりまする。
本業もがんばらねば!

おめでとう★

結婚するのね。おめでとう(>▽<)

しかし、激しいね。激務だね。
交渉相手の数がハンパない!!

日本はウエディングプランナー只だもんね。もちろんパック料金にその分反映されてたりするんだろうけど基本的にはその会場の社員だから独立系とかよりは安上がりだろうし。

がんばってくだされ!

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.