読売にPAのススメ?

読売新聞7月8日づけ(か、7日)の論陣論客シリーズ記事で、「医師の計画配置」を取り上げています。医療情報部、田中秀一さんにより書かれた記事です。

「数を増やすだけでなく、医学部受験で地元出身者を優先させる「地域枠」の拡大や、医師の監督下で麻酔、呼吸管理など医師の業務を分担する新たな専門職を養成し、医師の負担を軽減する方策も必要となる。」と結んであります。

これは、看護麻酔師、急性期NP、PAのことをも指しているのでは。

だんだん一般的に語られるようになってきましたね。
PA作りも密かに勢いがついているようです。

患者さんを念頭においたNP、PA制度作りが進むことを、心から願っています。

緒方

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.