日本の丁寧な看護

日医がNPに対する見解を発表 の記事の、「コメント」欄で、ディスカッションが始まっている模様。
賛否両論、聞かせてください。
みなさん、匿名でも実名でも結構です。ぜひ参加してください!
(参加する/コメントを読むためには、記事の右下で「コメント」というのを押してみてください。)

さて、クローズアップ現代の感想などなど、書きかけのブログがいくつかありますが、今日も忙しかったので明日には載せる予定です。

昨日は、規制改革会議でNPについてお話ししてきました。
今日は、メディア関係の人と会うだけでした。
明日は、三井記念病院に参ります。
あさっては、もう帰る日です!

というわけでばたばたしていて、買い物もろくすっぽできませんでしたが、スーパーに行ってそば茶をたんまり買い込み、村上春樹の1Q84も2巻とも買い込み、1巻読み、青のりとだしパックなどの地味だが美味しいモノを買い込みました。

そして、アメリカでは決してめぐりあえない私の鼻で止まってくれる眼鏡(鼻当てがしっかりしているやつ)を買い、1時間でできると言われ驚き、またお店の対応の素敵さにもびっくりし続けです。

日本の看護師さん、もしこのように素敵でソフトで懇切丁寧な看護をしているならば(しているでしょう)、なんて素敵な看護でしょう。「アメリカの看護にがっかりした」と言っていたNY在住の日本人看護師さんが思い出されます。ちなみに、南裕子さんが、「日本らしい看護がある。日本でしかできない看護もある。」と言っていたそうです。

ちなみに、ふーーん、じゃ、アメリカの接客ってどういうものなんだろーなーと思った方はぜひ一度アメリカ、コネチカット州ニューヘイブンにあるショーズスーパーマーケットで買い物をしてみてください。

疲れてまとまりのない文章でしたが、お許しを。「ブログ」カテゴリですので。






Comments

NPの講演ありがとうございました。

 緒方 さやか様
三井記念病院の大石 和子(CDE・外来)です。
本日のご講演誠にありがとうございました。
短時間にもかかわらずタイムリーナ話題でNPの歴史から活動の内容・可能性・仕事へのやりがいと限界を解りやすくご講演していただき刺激を受けました。超えなければならない問題(医事法・保助看法・医師会・医師不足解消・皆保険ets)様々な事をクリアしても会場でも取り上げられたように医師の基にどこまで日本に浸透するのか?誰が教育するのか?様々が問題がありますが魅力的ですね!寝なくても勉強したいですね!当院のようにCDEライセンスを生かすポジションも与えられませんが一緒に飛びたい気持ちです。語学堪能で聡明な緒方様が日本へNPの可能性を発信してください!少しでも近づきたいアラカンより・・・

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.