英雄扱いに疑問

一般の開業医が豚インフルを診断したと、英雄扱いのような記事を見た。

とても疑問を持った。

37度台の熱を出した高校生。。。豚インフルかもしれないし、普通のインフルかもしれないし、(症状はよく知らないけど)風邪かもしれない。

でも、いずれにしろ重病っぽくない。

豚インフルとわかったからって、対応が変わるわけでもない。

"Don't test for it if you're not going to do anything different."と習った。

これで、日本中の開業医がインフルテストをオーダーしまくったら、医療費はどうなる?インフルテストの製造が追いつかなくったら、本当に必要な人、お年寄りなどはどうなるだろう。

CDCのサイトで調べてみたら、インフルテストや、タミフルは、3才以下の子供や、入院が必要な患者、及び65才以上か、Comorbidityの多い患者に取っておこうと書いてある。それに納得した。

First, do no harm. Think before you order tests. Ordering tests could lead to excessive work up, unnecessary anxiety for the patient, and increased cost.
と習ったのは、あれは医学全般の考え方だと思ったけれど、アメリカ式の医学の考え方なのかな?それとも実はアメリカ式看護の考え方かしら?いや、違う、医学生の友達も言っていたから。

日本の方、どうですか。

ところで私も先日、豚インフルを疑うケースがあり(3才の娘が豚インフルと診断された、咳と微熱の出ているお母さん。)テストをしたが、陰性だった。ほっ。

さて、なにはともあれ、金曜日には日本行きです。

最近忙しくて自分の体に気を使ってないので(風邪は長引く、ウエストは太くなる~)、準備はあっても今夜はちゃんと寝ようと思います。




Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.