急性医療におけるNP/PA

今必死で書いている、急性医療におけるNP/PAについての原稿の下書きから、抜粋。
参考までに。あくまで下書きですが。。。

出典が欲しい!!!という方、コメントに書いてください。後で書き足します。
今は眠いので、おやすみなさい。
************

上記したように、2003年以降、フェロー医/研修医の代わりに、 NPやPAを導入した病院は多く、その能力は変わらないという報告が出ている。ボストンのBrigham and Women’s Hospitalでは、5194名の一般病棟患者をAttending医1名率いるフェロー医1名、研修医3名、医学生1-2名による「医師チーム」か、Attending医1名とPA2名による「PAチーム」に分けて比較した。 結果、患者の入院日数、再入院率、ICU入室率に変わりは無かった。コストは、PAの方がわずかに(3.9%)低かった。患者の満足度においては、礼儀とフレンドリーさ(医師92.8%、PA92.8%)、技術(医師92.4%, PA92.0%)など全ての点において、両者で有意差は見られなかった。

また、University of Pittsburgh Medical Centerでは、Subacute Medical ICUに滞在した患者526名をAttending医の監視下で集中医療フェローが管理するチームとAttending医の監視下でNPが管理するチームに分け、アウトカムを比較した。NPは8-10時間のシフト制で平日の昼間のみ働き、夜は研修医が、そして週末は Attending医がカバーした。結果、NPチームの方が平均してより多くの患者を担当し(p<.001)、しかも患者の合併症が多かったにも関わらず(p=0.02)、 ICU日数(p=0.52)、人工呼吸器日数(p=0.10)、死亡率(p=0.25-0.89)などに違いはなかった。また、フェロー医チームの方が再挿官率が高かった(p=0.2)が、著者は フェロー医はユニット外で過ごす時間が勤務時間全体の37%を占めるためでないかと推測している(NPは15%、p<0.001)。

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.