PAの主な勤務先

集中治療におけるNP、PAに関しての記事を執筆中です。
その下書きから、参考までに、一部抜粋:

****
PAの場合、一般医療を学んだ後、精神科、皮膚科、小児科、外科、心臓/胸部外科、トラウマ外科、救急医療などの専門を選ぶことも可能である。2008年のデータによると、診療所や外来医院などで働くPAは全体の約6割を占め、PAの38%は病院勤務である 。その内ER勤務が10%、入院(ICUを含む)が10%、病院外来が8%、オペ室が6%が主要な勤務場所となっている。しかし、複数の勤務形態を持つPAは多く、PA全体の23%と21%が過去1ヶ月以内にそれぞれICU/オペ室でも働いたと答えている。
****
米国PA学会にはいろんな情報が盛りたくさんでほんとにエライ。Solid statistics are crucial for many advancements – including making policy decisions! Thank you AAPA!

緒方

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.