1日の診察ノルマ

診察のノルマについての質問をいただきました。以下、その返事です。
******

1日に何人診るか、診察ノルマのある仕事場(外来医院、診療所など)は多いです。

医院内で、収入を上げるため、「患者を1日20人診るように」というふうに、ボスにプレッシャーをかけられることがままあります。患者数を十分に診ないと、クビになることもあります。でも、多くの場所では、ノルマとは正式なものでなく、プレッシャーのみであったり、また、「21人以上診た場合はひとりにつき30ドル給料アップ」という、インセンティブ方式を取っています。

1日8時間、でお昼休みが1時間だと、1時間あたり約3人の患者さんを診るということになります。日本に比べたら天国かもしれませんが、こちらの診察はかなり詳しく診察することが多いので、カルテを書く時間を入れると辛いです。特に婦人科健診や全身の健診は時間がかかって困ります。てきとーに診察すればもちろん多い人数診れますが、そして、実際そういう医師も何人も知っていますが、自分はてきとーに診るためにNPになったのでないので、できるだけ丁寧に、診察中に話を聞いたり、患者教育をしたりします。

例えば、高血圧の患者さんが、お薬もらいに来た場合、心肺と手足の脈とedema,タバコやアルコールやドラッグの有無は聞きます。最近の検査結果もチェックします。体重を減らすカウンセリングも数分でもいいからします。(で、次の患者さんに遅れたりするのですが)

ちなみに、薬は医師にかからなくても、患者が要求すれば薬局が医師にファックスを出して、それにサインすれば処方箋が出ます。最初の処方箋だって、書こうと思えば1年分まで書けます。日本は1ヶ月分しか出ないので薬を出すためだけの再診が多いようで、そのために診察に時間がかからない(というか、かけない)というのもあると思うのですが。

ちなみに、大体一日何人診るの?という質問ですが、

少ないところでは、Veterans Association(退役軍人むけ医療機関)やキャッシュオンリー(保険取らない)医院などで、一日10-15人、じっくりと診ます。こういうところは、医療者の給与は少なめだけど、満足度は高いらしいです。

多いところでは、皮膚科とかでは一日50-60人くらいだーーって診るそうです。こわ。

だいたい、私たち外来のNPや医師は、30人診るとへっとへとで、「今日は30人診ちゃったよーたまんないよー」と言っています。要するに、予約取ってても来ない患者さんが20-30%くらいいるので、そのために多めに患者さんの予約を入れておくんですが、それが全員来るとこうなるのですね。

ちなみに、私の今の職場は、かなりスローで、一日10-18人くらい。そこが気にいってます。あんまり忙しいと自分のしたい医療ができません。危ないし、患者のためにもならないし。

日本の外来医院では、何人くらい診るのでしょうか?予約制ではないから事情はだいぶ違うかしら?






Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.