スマートナース連載!

ご存知、スマートナースで、「アメリカNP医療事情」という連載をさせてもらってます。
スマートナース5月号が出たので、お知らせします。

今回の題名は、「Narcotic Pain Medication is a Double-Edged Sword -麻薬系鎮痛薬は両刃の剣-」

麻薬系の鎮痛薬を不法に入手しようという患者さんの多くは、ハイになるためでもなく、売るためでもなく、自分の心の痛みを癒そうとして使用する人が多いという。鬱病の患者さんが、精神科医にかからずアルコールやコカインに溺れることがあるのと同じ理由である。
しかし、中には処方された薬を粉状にして鼻から吸ったり、売ることで生活している人もいるというアメリカの現実の中、「怪しい」患者さんには処方しない知恵は必須である。(後略)

と、ほかの医師やNPに伝授された中毒患者を見分ける方法なるものについて、書いてみました。「略語の法則」はともかく、「ロブスターの法則」とはなにか?

興味のある方は、見てみてください。看護雑誌のコーナーでスマートナースを買えますよー


チーム医療維新トップページ

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.