ニカラグアで強く生きるということ

ニカラグアからやっと戻ってまいりました。
今からメールの返事などを書きます。
遅れてごめんなさい。

ばたばたしていますが、とりあえず写真だけ載せました。
写真1
写真2
興味があればご覧ください。
写真の下に説明をつけています。(英語)

一家のお母さん、マリナは死ぬ前に、「サヤカかアニカが戻ってきたら、I miss youと伝えて」と言ったそうです。マリナが死んだ2ヶ月後、マリナの夫はほかの女性の元に去り、子供たちの中で年長のルイスは働きはじめなければいけませんでした。

マルタは家で元気にしていました。健康で良かった。

悲しい話もいっぱい聞きました。でもみんな強く生きていた。

アンヘリカがいつか大学に行く年になる3年後には、ぜひまた戻って彼女の学費を払いたい(一年間300ドル)。彼女のお母さん、アナは5人の子供がいて、一週間35ドルのエビ工場で働いているが、それではアンヘリカが進学できないかもしれない。アンへリカにはぜひぜひ進学してほしい。頭のいい子だ。

Anyway,これから撮ったビデオもどんどん載せていきます。


チーム医療維新トップページ

Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.