スキルミクスの記事(週刊医学界新聞)

週刊医学界新聞において、「我が国における看護師と医師のスキルミクスを考える」が掲載されました。

記事全文を読む

International Council of Nursingのpresidentである南裕子氏と、国立病院機構の理事長である矢崎義雄氏による大物対談である。

看護師の役割の拡大の具体的な方向性について語られている。

「現在の看護師は責任を取るという立場での教育を受けてきたわけではありませんので,必ずしも今以上に責任を負う立場になることを望んでいないということが調査で明らかになりまして」というところを読むと、うならずにいられない。

裁量権に責任も伴うのは当然のことであるが、今の看護師はその準備ができているのだろうか?


チーム医療維新トップページ





Comments

Post a comment

Trackbacks


Use trackback on this entry.