急性医療におけるNP/PA

今必死で書いている、急性医療におけるNP/PAについての原稿の下書きから、抜粋。
参考までに。あくまで下書きですが。。。

出典が欲しい!!!という方、コメントに書いてください。後で書き足します。
今は眠いので、おやすみなさい。
************

上記したように、2003年以降、フェロー医/研修医の代わりに、 NPやPAを導入した病院は多く、その能力は変わらないという報告が出ている。ボストンのBrigham and Women’s Hospitalでは、5194名の一般病棟患者をAttending医1名率いるフェロー医1名、研修医3名、医学生1-2名による「医師チーム」か、Attending医1名とPA2名による「PAチーム」に分けて比較した。 結果、患者の入院日数、再入院率、ICU入室率に変わりは無かった。コストは、PAの方がわずかに(3.9%)低かった。患者の満足度においては、礼儀とフレンドリーさ(医師92.8%、PA92.8%)、技術(医師92.4%, PA92.0%)など全ての点において、両者で有意差は見られなかった。

また、University of Pittsburgh Medical Centerでは、Subacute Medical ICUに滞在した患者526名をAttending医の監視下で集中医療フェローが管理するチームとAttending医の監視下でNPが管理するチームに分け、アウトカムを比較した。NPは8-10時間のシフト制で平日の昼間のみ働き、夜は研修医が、そして週末は Attending医がカバーした。結果、NPチームの方が平均してより多くの患者を担当し(p<.001)、しかも患者の合併症が多かったにも関わらず(p=0.02)、 ICU日数(p=0.52)、人工呼吸器日数(p=0.10)、死亡率(p=0.25-0.89)などに違いはなかった。また、フェロー医チームの方が再挿官率が高かった(p=0.2)が、著者は フェロー医はユニット外で過ごす時間が勤務時間全体の37%を占めるためでないかと推測している(NPは15%、p<0.001)。

麻生総理と舛添大臣、NPについてやりとり

日本準備、論文、原稿etc とにかく忙しいです。
あまりアップしてなくて申し訳ありません。
でも、日本にいる医師の方が、大ニュースを送ってくれました(ありがとうございます!)

*****


経済財政諮問会議の記者会見のところに興味深い質疑応答が出ています。

<重要部分抜粋>
(問)最初にお話があった、看護師と医者の役割分担の話なんですが、これは順序
としては、舛添大臣のほうから、医者が足りないというのなら医者を増やすべき
だというお話があって、それから総理の指示があったという順序で理解してよろ
しいんでしょうか。

(答)これは具体的には、最初お話をされたのは、官邸で行いました各界からのヒ
アリングの中で、聖路加病院の院長であられる日野原先生からこの問題の提起が
ございまして、それ以来懸案になっていたわけですが、この問題は諮問会議の民
間人ペーパーにも出てきたと思いますけれども、それに対して舛添大臣から御発
言があり、その後総理の御指示があったと、こういう順番でございます。

(問)基本的には、役割を拡大していく方向で見直すという政府の方針でいいのか
という確認と、あと先日の財政審でも、医師不足の解消策の1つとしてこれは挙
がっていたわけですが、大臣としてはこの考え方をどう見ていらっしゃるかとい
うのを1つお願いいたします。

(答)これは偶然なんですけれども、先般南野知恵子参議院議員及び日本看護師協
会の会長とお目にかかって、この問題をお話をしました。アメリカのいわゆるナー
スプラクティショナーというのは、アメリカは広いですから、ナースプラクティ
ショナーは事実上お医者様を代替している場合があると、医師のおられないとこ
ろで。日本の看護師協会が考えている看護師の業務分野の拡大というのは、そこ
まで考えていないと。しかしながら、看護師の資格を持った人を例えばもう一度
修士課程で勉強させて、今やっていることのほかに、もう少し責任のある医療行
為に参加していくと、そういうことをお考えのようでございまして、私は決して
悪い考え方ではない、むしろ高度な知識を持った看護師の方にやっていただいた
ほうが、軽症の場合は迅速で効率的に医療行為が進むという場合もあるわけです
から、これも医療の効率化、それから国民に対して提供するサービスの内容の充
実にもつながると、そのように思っておりますし、また看護師協会の人たちもこ
の方向には非常に熱意を持っておりますので、そういう意味では大変結構な方向
じゃないかと思っております。

(問)厚労省の分割についてですが、舛添大臣を初め、関係する方から具体的な発
言、どういった反応があったか、もうちょっと詳しく伺いたいんですけれども。

(答)舛添大臣からは、ナースプラクティショナーについては御発言はありました
が、組織の問題については御発言はございませんでした。

(問)どなたも反対、賛成、意見的なこともなかったんですか、総理がそういうこ
とをおっしゃったことに関して。

(答)全体の空気はやるべきだという空気だったと思います。


チーム医療維新トップページ

クローズアップ現代**本日!!!

クローズアップ現代NP特集、確認されました、6/11の午後7時半です!
(最終です!これ以上の変更はないはず。)
結局ゲストとしてはよばれまないことになりましたが、それでもわくわくしています。明日は国際医療福祉大学に行く日なので、講演の後に教授のみなさんと一緒に見ます。楽しそう!

みなさんぜひ見てください。

緒方さやか

***
!!!!朗報です!!!!

NHKのクローズアップ現代で、NPについて特集するそうです!
そのために取材に来るので、そのお手伝いをさせてもらってます。

放送予定日は今のところ6月16日のようです。

また、最終決定したらここに出しますね!


緒方

NP生みの親からtel

今日、携帯の留守電をチェックしたらば、なんと、アメリカのNP制度を思い立った、NPの母、Loretta Fordから伝言がっ!!!!!!!!!!!!!!

昨日、メールを書いたものの返事でした。

で、わくわくしつつ折り返し電話して、日本へのメッセージなど、色々インタビューしたのですが、

「医療を考える時、病気の予防や、患者を中心としてケア、健康促進などは、看護の分野であるから、政策を決めるのに看護協会が携わるべき。政策を決定する声と、そして、票があるべき。
Gallupという有名なアンケートでは、全ての職業の中で看護師が一番市民にとって信頼できる職業、となっている。だから、その信用を裏切らず、ぜひ政策に参加して患者のためになる変化を求めよう。
そのような変化に、反対する人は必ずいるけれど、もがいてもどうしても、変化はやって来るのだから、早くあなたもジャンプインしなさいよ!と言いたい」

とのこと。88才で、今でも講義とかをしている。かっこいい。。。っていうか日野原先生みたい。と思ったら、1987年に聖路加病院に3ヶ月いたの、日野原先生によろしく伝えて。って言われちゃいました。

パワフルな方々だなあ。

でも、元気をもらったphone callでした。

さて、外科学会の原稿と、プレゼンとをがんばらなきゃ。ふう。


チーム医療維新トップページ



CNSとNP両方取得した人1万4千人

CNSとNP両方を取得している人はいるのでしょうか?

いっぱいいます。14万人のNPのうち、1割はCNSの資格を持っていたそうです(2004年度で)。

以下、抜粋
In 2004, 141,209 RNs, were prepared to practice as NPs, which included 14,689 NPs with both NP and CNS training. This estimate reflects a 37.3 percent increase (38,380) from the 2000 to the 2004 survey.
In 2000, there were an estimated 102,829 NPs, which included 14,643 who were also prepared as CNSs.

色々情報が載っていて便利な、Registered Nurse Survery.
原文ダウンロードはこちらで:
http://bhpr.hrsa.gov/healthworkforce/rnsurvey04/


緒方

PAの主な勤務先

集中治療におけるNP、PAに関しての記事を執筆中です。
その下書きから、参考までに、一部抜粋:

****
PAの場合、一般医療を学んだ後、精神科、皮膚科、小児科、外科、心臓/胸部外科、トラウマ外科、救急医療などの専門を選ぶことも可能である。2008年のデータによると、診療所や外来医院などで働くPAは全体の約6割を占め、PAの38%は病院勤務である 。その内ER勤務が10%、入院(ICUを含む)が10%、病院外来が8%、オペ室が6%が主要な勤務場所となっている。しかし、複数の勤務形態を持つPAは多く、PA全体の23%と21%が過去1ヶ月以内にそれぞれICU/オペ室でも働いたと答えている。
****
米国PA学会にはいろんな情報が盛りたくさんでほんとにエライ。Solid statistics are crucial for many advancements – including making policy decisions! Thank you AAPA!

緒方

1日の診察ノルマ

診察のノルマについての質問をいただきました。以下、その返事です。
******

1日に何人診るか、診察ノルマのある仕事場(外来医院、診療所など)は多いです。

医院内で、収入を上げるため、「患者を1日20人診るように」というふうに、ボスにプレッシャーをかけられることがままあります。患者数を十分に診ないと、クビになることもあります。でも、多くの場所では、ノルマとは正式なものでなく、プレッシャーのみであったり、また、「21人以上診た場合はひとりにつき30ドル給料アップ」という、インセンティブ方式を取っています。

1日8時間、でお昼休みが1時間だと、1時間あたり約3人の患者さんを診るということになります。日本に比べたら天国かもしれませんが、こちらの診察はかなり詳しく診察することが多いので、カルテを書く時間を入れると辛いです。特に婦人科健診や全身の健診は時間がかかって困ります。てきとーに診察すればもちろん多い人数診れますが、そして、実際そういう医師も何人も知っていますが、自分はてきとーに診るためにNPになったのでないので、できるだけ丁寧に、診察中に話を聞いたり、患者教育をしたりします。

例えば、高血圧の患者さんが、お薬もらいに来た場合、心肺と手足の脈とedema,タバコやアルコールやドラッグの有無は聞きます。最近の検査結果もチェックします。体重を減らすカウンセリングも数分でもいいからします。(で、次の患者さんに遅れたりするのですが)

ちなみに、薬は医師にかからなくても、患者が要求すれば薬局が医師にファックスを出して、それにサインすれば処方箋が出ます。最初の処方箋だって、書こうと思えば1年分まで書けます。日本は1ヶ月分しか出ないので薬を出すためだけの再診が多いようで、そのために診察に時間がかからない(というか、かけない)というのもあると思うのですが。

ちなみに、大体一日何人診るの?という質問ですが、

少ないところでは、Veterans Association(退役軍人むけ医療機関)やキャッシュオンリー(保険取らない)医院などで、一日10-15人、じっくりと診ます。こういうところは、医療者の給与は少なめだけど、満足度は高いらしいです。

多いところでは、皮膚科とかでは一日50-60人くらいだーーって診るそうです。こわ。

だいたい、私たち外来のNPや医師は、30人診るとへっとへとで、「今日は30人診ちゃったよーたまんないよー」と言っています。要するに、予約取ってても来ない患者さんが20-30%くらいいるので、そのために多めに患者さんの予約を入れておくんですが、それが全員来るとこうなるのですね。

ちなみに、私の今の職場は、かなりスローで、一日10-18人くらい。そこが気にいってます。あんまり忙しいと自分のしたい医療ができません。危ないし、患者のためにもならないし。

日本の外来医院では、何人くらい診るのでしょうか?予約制ではないから事情はだいぶ違うかしら?