日本政府は放射能情報を隠していた

ニューヨークタイムズの大きな記事です。
http://www.nytimes.com/2011/08/09/world/asia/09japan.html?hp


日本の人に広めてくださ​い。やっぱり政府は情報を隠していた。それ自体驚かないけれど、​そのせいで放射線を浴びて、影響を受けたであろう子供や、妊娠中​の女性などがいたことが悔しい。とにかく、これからは、私たちの​アタマで考えて行動するしかないんだ。

2011.07.27 東大アイソトープセンター所長 児玉龍彦

今までで(被爆に関して)聞いた演説の中でもトップ3に入る、すごい(&怖い)演説です。ぜひ見てください。
読む方がじっくり中味を読めます。

演説を読むには:
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/977fab022cdc9a1db44b8384504de697

ビデオで見るには:
http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo

気仙沼への歌


最近、在米日系医師会で知り合ったジャズピアニストの岡本優子さん。気仙沼の出身で、日本を思って書かれた「祈り」という歌はとても胸がきゅんとする。
この間のチャリティーコンサートの「ふるさと」は、ぐっときました。。。

強いなあ。そして、優しいね。

震災続き

朝日新聞の、避難所にいる人たちの名前を公表する試みは、良いのではないかと思う。
個人情報の「漏れる」(といっても、氏名だけじゃ大した個人情報じゃないけど)リスクよりも、ベネフィットの方が上回るから。

今日は、気仙沼出身のジャズピアニスト、岡本優子さんのベネフィットコンサートに行ってきます

アメリカのニュースではもう日本の話は全然出ません。。。

日本料理はもう食べなくなったとかいう友達もいて悲しいです

緒方さやか

******
東日本大震災による未曾有の被害を受けて、
朝日新聞のサイト「アサヒコム」では、岩手、宮城、福島の避難所で名前を残した方々の名簿を掲載しております。
とくに被災が激しかった地域で、いまだに安否がわからない方々が多いため、避難所に一時でも身を寄せた方の名前を公表することで、家族・知人の方々に無事を知ってほしいという思いです

すでに岩手県、宮城県が、県のHPで避難所名簿を提供していますが、
それらのデータに加え、避難所で取材したデータを、東京にいる記者たちが文字データ化してアップしております。

避難者のなかにはすでに移動していたり、すべての避難所はカバーできていなかったりと不完全です。
また、個人情報です。しかし、被害の甚大だった地域ではまだまだ安否が確認できないことが多く、
掲載を決めました(朝日新聞の各地域版には、順次掲載中です)

これらの名簿が必要な方々に、お知らせ下さると幸いです
(データは毎日加えています。掲載してから「検索」できるまでのタイムラグもあるようです)

避難所にいる方々の名前の検索(岩手、宮城、福島の避難所の一部)
http://www.asahi.com/special/10005/search/?division=1&person=%B1%CA%C2%F4
(上記名簿のもと原稿はこちらに順次掲載↓)
http://www.asahi.com/special/10005/lifeline_list.html
トップページ
http://www.asahi.com
  このページからは、お亡くなりになったことが確認できた方、お名前が推定される方(県警など発表)も読めます

また、被災者・支援者向けのツイッターも運用しています
http://twitter.com/#!/asahi_shakai

学校放射線基準は「安全でない」

共同通信の記事
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011050201000194.html
こういうの読むと、本当に不安になりますね。。。

 福島第1原発事故で政府が、福島県内の小中学校などの屋外活動制限の可否に関する放射線量の基準を、年間20ミリシーベルトを目安として設定したことに対し、米国の民間組織「社会的責任のための医師の会(PSR、本部ワシントン)」が2日までに「子供の発がんリスクを高めるもので、このレベルの被ばくを安全とみなすことはできない」との声明を発表した。

 PSRは1985年にノーベル平和賞を受賞した「核戦争防止国際医師の会」の米国内組織。

 声明は、米科学アカデミーの研究報告書を基に「放射線に安全なレベルはなく、子供や胎児はさらに影響を受けやすい」と指摘。「年間20ミリシーベルトは、子供の発がんリスクを200人に1人増加させ、このレベルでの被ばくが2年間続く場合、子供へのリスクは100人に1人となる」として「子供への放射線許容量を年間20ミリシーベルトに引き上げたのは不当なことだ」と批判した。