グアテマラのセックスワーカーたち

グアテマラでは、セックスワーカーの人たちの多くはその高い塀で囲われた売春宿の中に囚われの身となっていた。
長くそこで働き、逃げないだろうと判断された女の子たちは、外で買い物したり、病院に行ったりできた。

大抵女性だが、どの宿にも一人だけ男性のセックスワーカー(もちろん男性対象)がいた。骨と皮だけにやせていた男性がいたなあ。エイズ検査はどうしても受けたくないと言って働いていた。エイズだとわかったって、治療できる場所は首都に行かなければないしね。彼は「夫」と呼んでいる愛人も一人いた。お客さんももちろいんとっていた。

一回のセックスの金額は、場所によって多少は違うが大体日本円で500円ー1000円だった。

女性らの年齢はかなりまちまち。15才ー40才以上の人もいる。ほとんど全員がエルサルバドルの内戦から逃げてきた子たち。グアテマラ内の地方から来た人もいた。ニカラグアから来た人もいた。

コカインをやれば、お客さんがチップを大量にくれるので、客にもらったコカインで中毒の人も多かった。

女の子たちが産んだ赤ちゃんもいた。みんなの人気者の、小さな赤ちゃん。売春宿の中でそこだけ笑いが絶えなかった。

ある日、ひとり、とても暗い顔をした女の子がいた。どうしたのと聞くと、最近、赤ちゃんを産んだばかりだという。赤ちゃんといては仕事にならないから、近所のおばさんにお守りを頼んだという。そうしたら、2人とも煙のように消えてしまった。

グアテマラでは、養子縁組を語る悪質な団体がいくつも横行したいた。「自分の子供に、アメリカで素敵な人生を送らせたいと思いませんか」という文句のもと、15万円から50万円で赤ちゃんを引き取る。その先は、養子縁組でなく臓器売買につながっているというウワサは、でまであってほしい。政府が作った「養子縁組の甘い言葉にだまされるな」というポスターが、色々場所に貼ってある。

そのようなところに自分の赤ちゃんは売られたのだろうと、泣く。

私たちにはなにもできない。

もう一人、忘れられないのは、ノーマ、19才。
今まで、5人子供を産んできて、そのたびに民家や知り合いに「ちょっと見てて」と頼んでは逃げてきた。そうやってエルサルバドルの戦火を逃げ、グアテマラにたどり着いた。

本当だろうか?本当に自分の子供を置いて走り続けることができたのだろうか?

グアテマラから最近メールがきた。私が居候もした、現地の友達、エイズ教育にせいを出し、「セックスワーカーの母」として慕われている、(本業は3年生の教師)、ルドミラが、膀胱ガンだという。

あのものすごいやくざな病院を思い出す(カーテンで廊下から遮られただけの部屋で、ルドミラの腕の腫瘍を取ってくれたが、取ったあと床に落としてなくしてしまい、腫瘍の原因などはわからなかった)。

アメリカに行きたい、と口々に言っていた医師たち。

アメリカは天国じゃないよ、と何度人に言っただろう。
(でも、年収がたった30万円の医師たちを、誰が止める資格があるだろう。)

中国の河南省でも、北京でも、ニカラグアでも、みんながアメリカに来たがっていた。ニカラグアの隣の商店の息子は、トラックに揺られて行ってしまった。また生きて会えるだろうかと、商店のおじさんは男泣きに泣いていた。止めたのに、行ってしまったと。

アメリカにいる私たちが、「アメリカだけを夢みないで、自分たちの国でがんばって。」と言うのは、それは空回りな言葉だろうか。偽善なのだろうか?



検査代がないので、お金を送ってください。

8年前、ボランティアとしてニカラグアとグアテマラに6ヶ月住んでいた。
今年3月には再び訪問して医療物品、薬、文房具、などを届けた。
(その時の写真album1 写真album2

そしたら今日、ニカラグアにいるマルタの息子からお金を請うメールが来た。

マルタのビデオ


マルタ、マルタ。自分の健康を顧みず私たちのNGOから給料が出ても出なくても人のためにかけずり回っていたマルタ。

”hello my mother would send as many greetings and prompts you to say hello to all her friends.

Sorry I want to comment that my mother asked me to write for the following reason:

it with all the shame of the world asks you for your financial help, and needs to be done a few tests to see if they have cancer cervis or not, she is asking for your help.

Martha Flores, my mother said if you or your friends can help, if that were so grateful for all the soul, it is the direction of City of El Viejo, Chinandega, Nicaragua, the former bank development, 275 rods to the east.

thank you very much for everything ... bye bye..”と、息子より。
子宮頸癌の検査代がいるとのこと。
息子はインターネットが使えるし、ほんの少し英語もしゃべれる(書ける)。

1)これはマルタが息子に頼んで書かせたのだろうか、息子が金をせびっているだけだろうか
2)検査の結果治療が必要となったらやっぱり頼まれるのだろうか
3)どうやったらお金が100%彼女の検査代や治療代に行くようにするのか
4)彼女が検査代をどこで出しか、みんなが聞くだろう。その一部の人たちは私にメールや電話をしてくるだろう(すでに一度、かかってきている)自分たちの治療代を出して、と頼むために。
5)私はマルタに治療を受けてほしいし健康に生きてほしいしお金を出すのは惜しまない
6)と同時に、ニカラグアでお金を(大学の教育費であれ、治療代であれ)出すと、必ず間違った使われ方がされたのを目撃してきた。本人か、家族か。友達かが。そして大学は中退となり、薬は一部しか手に入らないということになる。いつも身を切られるようだ。心が壊れるようだ。もちろん、発展途上国ではどこでもあることらしいけれど。
7)今回も、例えマルタが本当に検査代を必要としているとしても、マルタの治療代に使われるのは多分一部のお金であろう
8)でもだからといってお金を出さないのはあまりにも非倫理的だ。本当に検査や治療が必要で、そのお金を出さないとなると、私が殺したのとほぼ同じことだからだ(以前書いたBioethicistもこのジレンマを指摘している)

返事を期待して息子はインターネットカフェに通っているんだろうか?!

どうしよう?

マルタ!


マルタのビデオ





ユガンダの無医地区では

昨日は、イェール大学病院で内科の勤務医をしている、社交ダンス仲間のCと一緒に遅めの夕食をとった。
彼女は、 とびきり熱心で、優秀な医師だと思う。去年、チーフレジデントを経て、今は勤務医(Attending)となった。勉強するために朝は4:30に起きているというクレイジーな彼女は、ユガンダから帰ってきたばかりだ。

「うちの病院は、海外での医療行為をサポートしてるから、そのプログラムで3週間行けることになった」とC。「ついでに、2週間の有給休暇も使って、5週間行けるようにしたんだ」

さすが海外好き(?)の学校と病院だけある。なんて素敵な制度だ!

ユガンダでは、週に5日向こうの病院で働き、「いっぱい寝て、いっぱい太陽を浴びてきた」とC。

ちなみに、ユガンダでは医師不足が深刻な問題だが、街を離れた無医地区では、フィジシャンアシスタントが多く活躍しているという。サテライト(衛星)クリニックで、フィジシャンアシスタントが患者さんを診ていて、何週間かに一回だけ、街の病院に勤める医師がまわり、フィジシャンアシスタントたちがわからなかったことの相談にのる。

ただ、フィジシャンアシスタントの教育レベルは彼女は聞いてこなかったので知らなかった。高校くらいか、短期大学程度でのフィジシャンアシスタントが発展途上国にはあるらしいが、ユガンダもそうだろうか?

向こうの医師とメールで連絡はつける、と彼女。

もし、ユガンダの医療や、アフリカにおけるPA制度に興味のある人は、ご一報ください。

ニカラグア映像

ニカラグアで撮ったビデオです。

スペ語関係なし(英語か、映像が主)
In the village of Wispante - many, many children, and Ana's message to Anica
リンク

In the city of El Viejo - Martha's house and how she makes a living (explanation in English)
リンク

In the village of Wispante - family of Marina
リンク

Introducing our $8/night hotel rancho esperanza in Jiquilillo (English)
リンク

スペ語なしでもまあまあ楽しいビデオ
In the city of El Viejo - Martha's house and Martha's message to Melinda, Agata, Arone, Jacqueline, and others
リンク

In the women's health clinic in El Viejo - jump to the end to get a virtual tour of the clinic! (and see how many gloves they have left)
リンク
(最後の部分で、クリニックのツアー?をやります。飛ばして見るのもいいかも)

スペ語ないと面白くないかものビデオ(話してばっかり)
Interviewing school teachers in Wispante
リンク

Health worker Dona Fran's family and her thank-you message to donors, and message to Anica and Luis
リンク




チーム医療維新トップページ



ニカラグアの学校用品

ニカラグアの話の続きです。
今回、ニカラグアに行くため、友達や親から寄付を募りました。結果、なんと1015ドルという大きな額を寄付してもらい、それを使って喘息用の機械など、色々な薬品や学校用品を買うことができました。
ウィスパンテの村の子供たちの中には、ノートも買えない家庭の子供もいると、先生方は話していました。だから、何も書き取らない、と。
だから色々持っていけて良かった。

またいつかニカラグアには戻ります。その時には、エッセイコンテストを開いて、ウィスパンテの子供たち(か、その周りの村も含めて)の一部の子供たちの、学費を払ってあげたい。また、街に連れていって、色々な職業の大人たちを見せてあげたい。

下に、今回寄付として持っていった物のリストをつけておきます(英語です)。

また、ニカラグアで撮ったビデオを順次載せていきます。
NPに関係なくてごめんなさい。
もしボランティアしたい人(ごめんなさい、初級スペ語必須。。。)がいたら、色々紹介しますので、ご連絡ください。

緒方さやか

* ***

Elementray & Preschool in village of Wispante
2 Large White Boards
30 White board markers in 3 colors
30 sets Color pencil sets
20 Coloring books
7 sets multi color playdo's
10 Bookbags (for kids who do not own any)
4 Small Bookbags (for preschoolers who do not own any)
20 Notebooks (for kids who do not own any)
2 blocks White paper
8 pairs scissors
8 Gluesticks
Regional Hospital in San Luis - books to be distributed to remote health centers without doctors
1 EKG machine with extra rolls of EKG paper
2 Nebulizer machine (for asthma)
1 Cardiology stetheoscope
2 volume "Where there is no doctor for women"
2 volume "Where there is no doctor"
2 volume "Where there is no dentist"
1 Peak flow meter with mouth pieces
Health Care Worker in Jiquilillo
1 volume "Where there is no doctor for women"
1 volume "Where there is no doctor"
1 volume "Where there is no dentist"
1 Nebulizer machine
1 Albuterol and saline bottle set (approx.10-15 doses)
20 doses Xopenex samples
1 Glucometer
100 Glucometer Strips
100 Glucometer lancets
Women's Health Clinic in El Viejo - Meds are to be soldl with a small fee to women or given out for free for women who cannot afford it
2 cans paint (for the wall)
1 roller to paint
1 pitchers (for waiting room)
1 volume "Where there is no doctor for women"
1 Fan for waiting room
2 boxes Examination Gloves
2 sets "You can do it yourself" pap smear kits
100 Cotton tipped applicator
200 doses Ibuprophen 400mg
200 doses Acetaminophen 500mg
100 doses Doxycycline 100mg
100 doses Amoxicillin 500mg
10 doses Clotrimazole 1% vaginal
7 tubes Triple Antibiotic creams
30 doses Metronidazole 500mg
1 Bottle Saline
3 Packets Gauze
2 Bottles Iodine cleanser
1 Bottle Albuterol (20 doses)
100 doses Dicloflenac
3 Bottles Amoxicillin 250mg/5ml
63 doses
Kids Club in Jiquilillo
2 doses beads
1 bag pompoms
6 bags "eye balls" for sock puppets
3 pairs zig zag scissors
2 punch out machines (crafts)
1 large bag assorted children's clothes
ACRIS - organization founded by the mother of our friend Felix Maradiaga (Yale World Fellow 2008, Young Global Leaders 2009), based in Matagalpa, providing school supplies for children who wish to go to school but does not have money for supplies
1 Child's one-year round school supplies
Health Care Worker in El Veijo
1 volume "Where there is no doctor for women"
1 volume "Where there is no doctor"
1 volume "Where there is no dentist"