NPのライセンス

>NPに興味がありこちらのサイトを読ませていただきました。基本的なことを質問させてください。
>NPのライセンスは、国家資格なのでしょうか?
>州ごとに法律が定めれれているということですが、ウェブ上でどこかの州の規定を見ることはかのうでしょうか?
よろしくお願いします。

というメッセージをいただきました。
NPの資格は、州ごとです。
チーム医療!www.teamiryou.com のウェブの、「NPとは」の分を加筆しました。
法律の例は、ここにいくつかリンクを載せています。このリンクに従えば、その州の法律が読めますよ。読みにくい、長い文で閉口しますが。。。(法律ですから。)
good luck!

NPの靴下だ!

数ヶ月前になりますが、友人Hに、日本からのお土産として純日本風ソックス(@成田空港!)をあげました。彼女とは、実は誕生日がまったく同じなのだけれど、彼女も、私に靴下をプレゼントとして買ってくれていたのです(笑)
会って、「あのー実はお土産が。。。」「私の方も、プレゼントが。。。」と、お互いあげあって、びっくり、大笑い。
彼女は、スピーチセラピストのカンファレンスに行ったら、なぜかNurse Practitionerと書かれた靴下が売っていた、とのこと。全国に15万人もいれば、そうか、NP靴下くらいあるか〜と納得。
この靴下を履いて意気揚々と診察。。。はしないかもしれないけれど、Nurse Practitioner PRIDE!!!みたいで気分が盛り上がりますね。

緒方さやか

精神科NPの資格を取りたいけど。。。

最近、精神科医の友人と、カウンセラーである別のご近所さんと、何度か会って、Cognitive behavioral therapyなどについて色々深ーーーく話をしたせいか、精神科にすごく興味がある。私の日経の記事を見返すと自分で気がつくけれど、症例が医学的に面白いものより、鬱病とかアルコール中毒とか精神病がからんでくる方が、私は興味あるんだ。そして、毎回、精神科医やカウンセラーを見つけようとものすごい苦労をして、結局スペイン語でカウンセリングをしてくれる、しかも保険を取る人、なんてのは見つからなくて、ため息をつくことになるんだけど、私自身が精神科を学べばいいじゃん!と思い立った。

今は成人科と婦人科NPの資格を持っているけれど、これに精神科NPを足すにはどうすればいいか?
Advanced Certificateコースというので、精神科NPの授業を4つと、精神科薬学を1つ取り、600時間の臨床実習をすれば、認定試験の受験資格ができる。ここいらでは、Hunterという公立の大学院でコースがある。
コストは、NY州住民なら6000ドル(安い。800万円のローンと比べると)。
でも、受験してこのプログラムに入ると、1月から、1年3ヶ月にわたり、毎週2−3時間の授業と、宿題、それに、週に8時間の臨床実習。。。をしなきゃいけない。フルタイムで働いている&子供が近く欲しい身にはちょっと辛い!というか、人生のプライオリティーの問題かな。

そこで、多分そのプログラムは受験しないけれど、自分のできる範囲で精神科の能力を広げよう。と思い立ち、そこらでプライマリケア医向けのコースに申し込んだ。
American Institute of Cognitive Behavioral Therapyというところで、ニューヨークの中で色々コースがある。土曜日一日コース、200ドルなり。

あと、友人に勧められて、Feeling good (著者David Burne, MD)を買った。とても良さそう。

読み始めただけだけど、すでに、患者さんとの会話が変わってきた!!!精神科面白い。もっと大きなdifferenceを、患者さんの人生に築けますように。

アメリカの看護の裁量権拡大についてのウェブキャスト

もしも、夜更かしが得意で、看護の裁量権拡大などの将来についてアメリカでどのような会話が取り交わされているか、興味のある方は、下のウェブキャストに登録してみては?ライブだと質問などする機会もありますよ。まさに、生の声ですし。
(でも、この時間帯が無理なら、ライブでなく後日ウェブキャストを診られるはず、だとは思うけど。。。)
私は仕事中なので残念ながら見られません。後日見ようかな。

1)看護の将来についてのウェブキャスト
The National Summit on Advancing Health through Nursing – the capstone event of the Robert Wood Johnson Foundation Initiative on the Future of Nursing, at the IOM – will be webcast live on November 30. The Summit will officially “kick-off” the RWJF Initiative on the Future of Nursing: Leading Change, Advancing Health. Summit presentations will highlight the recommendations from the repot and steps to help foster their implementation. The Webcast begins at 10:15 a.m. EST on November 30. (日本時間で、12月1日の夜中の0:15AMにあたる) Register for this Webcast in advance of the live broadcast at http://bit.ly/webcastregistration. Follow the Summit on Twitter using #FutureRN.
(どうやらただらしい?)


2)米国家庭医協会会長と米国NP協会会長の対話ー上級実践看護師の広がる役割と責任
A Webcast titled “New Rounds for Nurses?” featuring AANP President Penny Kaye Jensen and AAFP President Roland Goertz will be held at 11am EST on December 1. (日本時間12月2日の午前1時にあたる) The Webcast will look at the practical implications of expanded roles and responsibilities proposed for advanced practice nurses and will review recommendations from the Institute of Medicine and the Robert Wood Johnson Foundation. You will have an opportunity to submit questions to the featured speakers that may be addressed during the Q&A portion of the Webcast. (質疑応答もあるので、ライブで聞くと良いかも) Visit ModernHealthcare.com/Webcast12 to register. The cost for this Webcast is only $79.(有料ー「オンリー$79」とかいって、結構高い?!)


NP認定試験の対策コース

アメリカには、NP認定試験用の対策本はもちろん、2-4日間ほどの対策コースも何種類か存在している。全国を回って教えているそのような対策塾のうち、多分一番有名なのはFitzgerald Associatesだろう。
無事試験を通り、NPとして働いている人用の、勉強または単位獲得(免許保持には単位が必要)の教材やコースも売っているので、月に一回メールが来る。

実際、心電図の教材や、単位取得カンファレンスに行ったこともある。試験対策コースは、実はかなり臨床に重きを置いているコースなので、NPになってからも数年に一回は取り直す、という人もいるほどだ。

そのFitzgeraldのニュース、コースなどが載っているメルマガは、このアドレス
からアクセスできる。


ー学校が9月に始まる。学期前診察で来る子供たちで、アレルギーを持つ子たちに診察や教育することで、大切なことは
ー口内炎の治療薬(magic mouthwash)は市販されていないので、薬局に混ぜ合わせるように指示しないといけないのですが、そのレシピ。
ー2011年度のコース、様々(ハワイでやるのもある!)の宣伝
ー縫合のしかたコースの宣伝

などなどが載っている!

新!チーム医療維新トップページ